Simulation

d&bのラインアレイをデザインする場合には、必ず音響・安全性の理由によりシステム構成のシミュレーションツールd&b ArrayCalcを使用します。含まれる機能は、使用するラウドスピーカー台数の定義と角度設定の最適化、SPLと3Dでのカバレージ計算、サブウーファーアレイの計算とメインシステムに対するタイムアライメントの計算、アレイの寸法概要や重量の文書化、パーツリストやリギングポイントを印刷を可能にします。 ArrayCalcは最大14の独立したアレイの機構的負荷状態を含むアレイの物理的パラメーターの計算、安全負荷情報表示、リギングポイントの負荷を数値で表示し過負荷状態になると警告を表示します。

ArrayCalc

ArrayCalc

タイトル 言語 日付 サイズ
AN161 ArrayProcessing on tour 1.3en 英語 02.07.2018 57 KB
ArrayCalc V10.2.5 (Mac) International 31.07.2018 78 MB
ArrayCalc V10.2.5 (Win) International 31.07.2018 71 MB
ArrayCalc V10.2.5 Release notes International 31.07.2018 69 KB
Software Newsletter 2016-10 International 30.09.2016 2 MB
Software Newsletter 2017-04 International 14.06.2017 924 KB
Software Newsletter 2017-12 International 04.12.2017 1,015 KB
TI 501 d&b Soundscape 1.4 en 英語 30.07.2018 3 MB

TransCalc

TransCalc

タイトル 言語 日付 サイズ
InstallCalc 3.1 (zip) International 02.10.2003 355 KB
TransCalc 3.1 (zip) International 06.03.2006 1 MB

NoizCalc

NoizCalc

タイトル 言語 日付 サイズ
NoizCalc Example projects (zip) International 07.06.2018 58 MB
NoizCalc V2.0 18.06.2018 (zip) International 19.06.2018 127 MB
NoizCalc white paper 1.2 英語 12.06.2018 566 KB
NoizLetter 2017-04 英語 20.04.2017 260 KB
NoizLetter 2018-06 英語 26.06.2018 471 KB
TI386 NoizCalc 1.4 EN 英語 07.06.2018 1 MB