ネットワーキングと統合

d&bのネットワーキングと統合へのアプローチは、包括的なリモートコントロール機能、効率的なオーディオネットワーキング能力、そしてサウンドリインフォースメントシステム内で他の機器とのシームレスな相互運用性と統合性を提供します。d&bの4チャンネルアンプD80、D20そして固定設備専用の10Dと30Dは、d&bが創設メンバーにも名を連ねるOCAアライアンスが開発したオープンコントロールアーキテクチャー(OCA)プロトコルを用いてEthernet経由でコントロールすることが可能です。オープンコントロールアーキテクチャープロトコルは、メディア機器向けのオープンスタンダードコントロールとメディアアーキテクチャーです。OCAアライアンスは、相互運用性の向上を目的としています。更に詳しい情報は、www.ocaalliance.comをご参照ください。前記全ての最新世代のアンプは、既に以前より採用しているCAN-Busネットワークも対応しておりますので、デュアルチャンネルのD6とD12アンプもコントロールすることが可能です。R1リモートコントロールソフトウェアを使用することによって、前記のアンプをEthernet(OCA)とCAN-Busを用いて同時にコントロールすることが可能です。DS10オーディオネットワークブリッジはDanteオーディオトランスポートプロトコルとd&bアンプのAES 3入力間のインターフェイスとなります。