d&b audiotechnik Japan
日本語ウェブサイトは
こちらをクリック

  • d&b ArrayCalcシミュレーションソフトウェア。

    電気音響デザイン、性能予測、アライメント、リギング、およびセーフティパラメーターのためのシミュレーションツール。リモートに直接統合するため機能をエクスポートします。

  • R1リモートコントロールソフトウェア。

    ユーザーインターフェース管理と各アンプチャンネル、またはアンプチャンネルグループの全仕様・機能のコントロール。アンプへのリモートアクセスも実現されています。

  • d&bアンプ。

    どのような設定も可能で、いつでもどこでも同じサウンドパフォーマンスを提供します。

  • d&bラウドスピーカー。

    d&bサウンド

  • d&b ArrayCalcシミュレーションソフトウェア。

    d&b ArrayCalcシミュレーションソフトウェア。

  • R1リモートコントロールソフトウェア。

    R1リモートコントロールソフトウェア。

  • d&bアンプ。

    d&bアンプ。

  • d&bラウドスピーカー。

    d&bラウドスピーカー。

d&bワークフロー

統合されたd&bワークフローは、プロジェクトの開始から、プランニングとシミュレーション、そして最終結果に至るまでの全ての効率性を向上させます。d&b ArrayCalcシミュレーションソフトウェアにて会場のデータをモデルとして作成し、このモデルにスピーカーの機種選択、配置、レベルや設定も入力が可能です。これらの設定変更による影響はシミュレートすることができますので、欲しい性能となるまで注意深くチェックし、最適化することができます。ArrayCalcは次にリギングプランや最終案に必要なパーツリストを生成し、システム設定をR1プロジェクトファイルに出力します。R1リモートコントロールソフトウェアは、このファイルを使ってシステム全体を包括的なグラフィカルユーザーインターフェイスを生成し、全ての設定をアンプに適用します。R1リモートコントロールソフトウェアは、調整や監視のために使用し、様々な場所からd&bアンプの集中管理を可能にします。アンプ内のラウドスピーカー設定と洗練された制御性能が意図した通りのサウンドを実現します。