NoizCalc

d&bのNoizCalcソフトウェアは、一ヶ所以上設置されたd&bラウドスピーカーシステムから遠方への騒音を国際規格に基づいてモデリングする際に使用します。NoizCalcはArrayCalcシミュレーションソフトウェアのデータを用いて、幾つかの想定される気象条件のシナリオに対応する遠方エリアに対するサウンドの伝搬と相対的な減衰を計算してスナップショットで表示します。このようなツールによって音を聴きたい耳に正確かつ信頼性を持ちながら提供し、必要のない場所への騒音を減少させ、最適な音環境を提供します。

計算結果は、3Dの地形図にオーディエンスゾーン以外への騒音を計算して表示します。この結果は、遠方における実際のシステムからの受音状態を表示しますので、ユーザーの皆さんはこれを元にゾーン内には最適な受音を提供しながら、現場での騒音要件を満たし、使用場所の自治体などにより設けられている騒音条件を満たすことができます。より計算結果を信頼できるものにするために、NoizCalcは複数のラインアレイやサブウーファーアレイ、ディレイシステムなどで構成されるラウドスピーカーシステムの組み合わせと相互作用を計算するために位相情報を含む音波の付加、減少を全ての複合演算を使用しています。

NoizCalcは国際的に遠方エリアへの騒音規格の標準となっているISO 9613-2とNord2000の計算基準を用いてモデリングします。地面の特性は表面の吸音率または反射率に応じて設定でき、エリア毎に容量による減衰の詳細を定義することができます。これには建物のような建造物も含むことができるため、計算にそれらからの反射を何次まで考慮するかをオプションで設定できます。計算パラメーターには、温度、湿度、気圧を設定できるため、正確な空気吸音の影響を反映できます。ISO 9613-2規格は最悪のシナリオを想定するために限定された天候情報しか入力することができませんが、Nord2000は、ユーザーの皆さんが風に関する広範囲な情報をモデリングできるよう、より洗練された伝搬をモデリングするため、より正確に天候条件を感度リングすることができます。d&bのNoizCalcは環境騒音予測ソフトウェア開発のスペシャリストであるSoundPLAN社と共同開発されました。

チュートリアル

チュートリアル

システム動作環境

システム動作環境

  • PC with a 1.5 GHz Intel/AMD processor (Intel i5 or higher recommended)
  • Microsoft Windows 7 or higher (64 bit version recommended)
  • 4 GB RAM (8 GB RAM recommended)
  • 160 MB of available disc space

ダウンロード

ダウンロード

ドキュメンテーション

ドキュメンテーション

タイトル 言語 日付 サイズ
d&b NoizLetter October 2016 英語 23.03.2017 516 KB
NoizCalc introductory brochure 英語 31.03.2016 1 MB
NoizCalc white paper 1.1 英語 08.07.2016 703 KB
NoizLetter April 2017 英語 20.04.2017 260 KB
NoizLetter April 2017 update 英語 20.04.2017 139 KB
TI386 NoizCalc 1.2 EN 英語 05.04.2017 2 MB