Vi8ラウドスピーカー

Vi8は低域に2台の10インチドライバー、中域にホーンロードの8インチドライバー、高域には専用のウェーブシェーピングデバイスにボイスコイルが2.5インチで1.4インチスロート径のコンプレッションドライバーが取り付けられた構成の3ウェイパッシブ設計となっております。中域と高域をキャビネットの中心に同軸状に配置し、それを挟む形でネオディミウム磁性体の低域ドライバーをダイポーラー状に配置することでクロスオーバーの設計上、隣接する周波数帯域同士がスムースなオーバーラップとなっています。これによって極めて優れた80°の公称水平指向特性制御の下限が250 Hzまで維持されます。機構的にも音響的な設計によって垂直アレイでは最大24台までの構成が可能です。さらにVi8単独のアレイだけではなくVi12sやVi-SUBと組み合わせたアレイも構成可能です。Vi8キャビネットは船舶用合板で作られており、耐衝撃仕上げとPCP(ポリウレタンキャビネットプロテクション)耐候保護仕上げが施されています。スピーカーキャビネット正面は、音響透過性のある発泡フォームを裏側に貼りつけた頑丈な金属製グリルによって保護されています。背面下部には手で支えるための凹みが2箇所に設けられています。

  • V-Series
  • Finance-Series
  • Comparison list (0)
  • Add to comparison list

アクセサリ

アクセサリ

アンプ

アンプ


d&b audiotechnik ラウドスピーカーは、d&b アンプ製品との併用だけを目的に設計されています。これによって、d&b システムアプローチに沿った機器の保護、信頼性、パフォーマンスを達成するためのパワー、そして広範囲にわたる制御と保護が実現されます。 Vi8を駆動するにはd&b 30DとD80アンプが推奨されます。 d&b D20アンプは、適切なラウドスピーカー構成を選択して使用することもできます。

データ

データ

System data  
Frequency response (–5 dB standard) 67 Hz - 18 kHz
Frequency response (–5 dB CUT mode) 100 Hz - 18 kHz
Max. sound pressure (1m, free field)1
with D20/30
with D80
139 dB
142 dB
Cabinets per amplifier channel 2
Loudspeaker data  
Configuration Installation specific high performance 3-way passive line array loudspeaker
Nominal impedance 8 Ω
Power handling capacity (RMS/peak 10 ms) 500/2000 W
Nominal dispersion angle (horizontal) 80° 13
Splay angle settings 0° - 14° (1° increment)
Components 2 x 10" driver / 1 x 8" driver
2 x 1.4" exit compression driver
passive crossover network
Connections 2 x NL4
Dimensions, weight  
Dimensions (H x W x D) 310 x 700 x 460 mm
12.2 x 27.5 x 18"
Weight 34 kg
75 lb

アプリケーション情報はガイダンス用にのみ提供されています弊社では製品および公表された仕様に対して必要な変更を加える権利を留保しています進行中の製品開発プログラムの一環として、弊社では可能な限り、製品の互換性を最高レベルに維持するよう努力しております

ドキュメンテーション

ドキュメンテーション

タイトル 言語 日付 サイズ
EU Declaration of Conformity (CE) International 06.03.2018 53 KB
The V-Series brochure 英語 12.06.2018 10 MB
TI385 d&b Line array design 10.1 英語 05.06.2018 13 MB
Vi Rigging manual 1.3 英語 14.10.2016 3 MB
Vi8/Vi12 Manual 1.3 英語 31.10.2016 1 MB

ダウンロード