Soundscapeの成熟.

2月初めにアムステルダムで開催されたIntegrated Systems Europeでの公式公開に向けて、厳選されたユーザーが d&b audiotechnik の没入型ライブオーディオ技術、Soundscapeの開発を進めてきました。公式公開を前に行われる「ベータ」段階のテストは、現場で活躍する世界中のエキスパートの能力に大きく依存するものです。

イタリアにあるレンタル企業、BH Audioはそんな信頼のパートナーの一つです。1979年に創設されたBH Audioは、クラシック、コンテンポラリー、ジャズなど、様々なジャンルにおいて、最高品質の音響補正とレコーディング技術で定評のある企業です。1990年の創設以来、BH Audioがサウンドを担当している世界屈指の総合芸術祭、ラヴェンナ・フェスティバルは彼らの腕の見せ所です。

© Silvia Lelli
© Silvia Lelli

BH Audioは過去3年間、Soundscapeの基盤となるオーディオ技術をこの現場で繰り返しテストしてきました。「大きいラウドスピーカーを沢山追加する必要は無いんですよ」、と教えてくれたのはBH AudioのMD,マッシモ・カルリです。「スピーカーの数に大きな変化は無いとはいえ、アンプのチャンネルを増やすことはすごく大切なことなんです。そのためには配線や、DS100プロセッサの使い方を変えなくてはなりません」。
Soundscapeのプラットフォームのために開発されたDS100シグナルエンジンはステージのそばに配置され、AES67を介して接続されています。FOHとしてのカルリのチョイスは、Lawo MC236コンソールとLawo Compact I/Oステージボックスです。 

「AES67を使えば以前に比べセットアップがすっきりします」、とカルリ。ミキサーから44のダイレクトアウトと20のポストフェーダーを3つのラヴェンナ会場のポートを介してDS100に送ることができます。更に、DS100からのアウトプットをLawoボックスのAES-EBUで直接異なるラウドスピーカーに送ることができます。

前年の設定をSoundscapeシステムで再現するために必要になったのは、4台のT102ウェイラウドスピーカー(パッシブ)と4台のE8 2ウェイ多目的同軸ラウドスピーカーだけでした。メインフロントの4つ、左右上下2つづつのY10は、一つのラインアレイにシンプルにまとめることができました。

「ヴォーカルのアンプに関しては、無線のマイクカプセルをシンガーに取り付けるだけではなく、トラッキングシステムも使ったんです」、とカルリ。「ここで使われたシステムはネットワークを通してトラッキングするTTA社のStage Tracker。これはシンガーの位置を精確にDS100に伝えるダイナミックなトランスミッターです。」

カルリとBH Audioは今月、そして7月を通してラヴェンナ・フェスティバルでSoundscapeをフル活用していきます。パラ・デ・アンドレでのパフォーマンス全てはこのシステムで行われます。従来のPAスピーカーの概念を覆すこのツール。いつでもどこでもぴったりのソリューションを提示してくれるSoundscapeがBH Audioにとって手放せないツールになっているのも当然なのかもしれません。

「どんな種類の仕事にも向いている、とは言えないかもしれません。でも、時間が経つにつれて、聴衆が慣れていくにつれて、どんどん障害を乗り越えて行けるシステムだと思います。これはライブサウンドの概念を覆すものだと思います。一回使ってみると、もう手放せなくなりますよ。」

「これはライブサウンドの概念を変革するものだと思います。一回使ってみると、もう手放せなくなりますよ。」 「これはライブサウンドの概念を変革するものだと思います。一回使ってみると、もう手放せなくなりますよ。」

類似の導入事例

ツアー&コンサート

Nightwish chose the d&b SL-Series for their 2018 European tour.

The d&b SL-Series guarantees even sound for the entire audience and provides a smooth tour experience for the crew thanks to its innovative rigging.
続きを読む
ツアー&コンサート

V-Seriesに続きKSLシステムがグラストンベリー・フェスティバルを席巻

ステージサイズも技術的要求も年々スケールアップするイギリスのグラストンベリーフェスティバル。PA会社のスカン社は今回そんなフェスティバルのために、テーム・インパラ、ケミカル・ブラザーズ、クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズを迎える"アザー・ステージ"にd&bのKSLシステムを選択しました。
続きを読む
ツアー&コンサート

d&b SoundscapeステージがWOMAD 2019を圧倒

2019年のWOMADフェスティバルでも昨年に引き続きd&b Soundscapeステージが設けられました。ロバート・プラント&セイビンググレース、ドラム&ベース DJ、LTJブケム、ケニヤのムトーニ・ドラマー・クィーンなどのアーティストを迎えたこのステージは、音楽というテーマを追求し続けるオーディエンスにワンランク上のライブサウンドエクスペリエンスをプレゼントしました。
続きを読む
ツアー&コンサート

フェイエノールト・スタディオンをマルコ・ボルサトのパワーで満たすd&b SL-Series。

5月、オランダのスーパースター、マルコ・ボルサトがオランダ、ロッテルダムにあるフェイエノールト・スタディオンにて、そこに集った総計24万人の観衆を前に5日間そのパフォーマンスを披露しました。ダイナミックな楽曲と躍動感たっぷりのパフォーマンス。屋根のない大きなスタジアム。こんな条件をクリアするためには全帯域をしっかりとカバーできる、そして会場の隅々までしっかりと伝わるサウンドシステムが求められました。そこで選ばれたのがd&b SL-Seriesです。
続きを読む
ツアー&コンサート

ストックホルム・グローブ・アリーナでの公演を皮切りにツアーをスタートしたファースト・エイド・キット - その大舞台でデビューを果たしたKSL。

2019年1月、スウェーデンのフォークデュオ、ファースト・エイド・キットがストックホルム・グローブ・アリーナで何千人ものファンを魅了しました。これは彼らの音楽キャリアにおいても一番大きいコンサートの一つとなり、また第4作目のアルバム『Ruins』をプロモートするワールドツアーの中でも最も重要なイベントとなりました。
続きを読む
類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る