NoizCalc

d&b audiotechnik software
d&b audiotechnik software

NoizCalc

ソフトウェア

騒音を予測するシミュレーションソフトウェア

  • このソフトウェアは位相情報を使用し音の放射を合計するという複雑なプロセスを通して、規模、距離を問わず、アレイを含む現代のSRシステムからの騒音を正確に計算。
  • ArrayProcessingを含む、全てのシステム設定情報が保存されているArrayCalcファイルをインポート。
  • Googleから地形データと航空写真をインポート。
  • 国際基準(ISO 9613-2, CNOSSOS-EU と Nord2000)にしたがって音の伝搬を計算します。
  • 騒音格子地図として結果を表示(表示は調整可能)。
  • (風速、風向、温度勾配など)状況を想定する気象パラメータ。

製品説明

d&b NoizCalcは1つまたは複数のd&bサウンドシステムにおける環境での騒音を予測するシミュレーションソフトウェアです。これにはd&b ArrayCalc シミュレーションソフトウェアからのデータが使用され、国際規格に従った騒音マップを作成します。これらのツールを活用することにより、会場外へ騒音でご迷惑をお掛けすることなく、サウンドをオーディエンスに的を絞って響かせることができます。

  • モデル化のための編集機能と3Dマップ
  • ユーザーは建物、音響的性質、葉、壁といったオブジェクトを定義することができます。
  • マルチコアCPUがマルチスレッド機能、高性能なダイナミック検索処理。

計算結果はステージから会場周辺までの騒音レベルを示す騒音3次元地形マップとして表示されます。イベントのPAを計画するにあたり、この画像を活用し騒音をしっかりと管理することができます。

距離を問わず正確に計算を行うために、NoizCalcは、複数のラインアレイ、サブウーファーアレイ、ディレイシステムから構成されるスピーカー・システム内での各コンポーネントの組み合わせ、そして相互作用を示す効果位相情報など、音波に関連する複雑なデータを使用します。

規格

ISO 9613-2は国際的に広く認められている規格です。音伝搬に好条件な状態を仮定しているため、気象条件に関して言えば、最悪のシナリオを予測するための確固たるベースとなるものです。

Nord 2000で使われる音波伝播モデルはISOよりも後に開発されたもので、気象条件と物理的影響(風向、反射、コヒーレンス長など)を考慮に入れることができる規格です。特定の気象条件を計算に取り入れ、比較することもできます。

d&b NoizCalc は環境騒音予測ソフトウェアのエキスパートSoundPLANとの提携で開発されました。

システム要件
PC
Intel/AMD 1.5 GHz (Intel i5 以降を推奨)
Windows 7 or higher (64bit 推奨)
RAM
4 GB (8 GB 推奨)
ハードディスク容量
160 MB
NoizCalc tutorial. 2. Software workflow

1/2 – NoizCalc tutorial. 2. Software workflow

NoizCalc tutorial. 1. What is NoizCalc?

2/2 – NoizCalc tutorial. 1. What is NoizCalc?

類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る
あなたの国での販売連絡先をお探しですか?販売店を探す