ArrayCalc

d&b audiotechnik software
d&b audiotechnik software
d&b audiotechnik software
d&b audiotechnik software
d&b audiotechnik software
d&b audiotechnik software
d&b audiotechnik software
d&b audiotechnik software
d&b audiotechnik software
d&b audiotechnik software

ArrayCalc

ソフトウェア

  • Microsoft WindowsとMac OS Xに対応するスタンドアローン・アプリケーションとしてご用意しています。
  • 可搬の場合、会場でのセットアップ時間と調整時間を大幅に短縮し、設置計画において、正確な初期シミュレーションを実行することができます。
  • リスニング平面は Venue タブ内で会場のオーディエンス・エリアを 3D 表現しながら定義できます。

製品説明

d&b ArrayCalcシミュレーションソフトウェアは、d&bラインアレイ、コラム、ポイントソース、そしてサブウーファーのためのシミュレーションツールです。これはサウンドのデザイン、予測、アラインメント、リギング、安全パラメータに関連するすべてのタスクをこなしていくための包括的なツールボックスです。安全上の理由から、d&bラインアレイの設計には必ずd&b ArrayCalcシミュレーションソフトウェアを使用してください。ArrayCalcは、Microsoft WindowsとMac OS Xの両OSに対応するスタンドアローン・ネイティブアプリとしてご利用いただけます。仮設設置でのセットアップとチューニングの時間を大幅に短縮し、設置計画の段階で正確な初期シミュレーションを行うことができます。どんな会場でも客席エリアの3Dモデルを作成し、リスニングプレーンを会場タブで定義することができます。

すべてのソースの時間差の補正を行うだけでなく、定義可能な基準点からフライングシステムやグランドスタックSUBアレイの位相応答を計算することができます。全てのアクティブな音源の相互作用の結果であるレベル分布を、事前に定義された客席の3Dモデルにマッピングすることができます。ズーム、ローテーションなどの機能を使えるだけではなく、このモデルは画像ファイルとしてエクスポートすることもできます。全ての機器のリモート IDはアンプタブで管理することができます。EASEおよびDXFデータとしてエクスポートすることもできます。

R1リモートコントロールソフトウェアは、ArrayCalcで定義されたデータを使用して、直感的に操作できるユーザーインターフェイスグラフィックを生成します。これにはスピーカー、アンプ、リモートID、グループ、ArrayProcessingデータ、設定情報などのシミュレートされているシステムの詳細が全て取り入れられます。このワークフローを活用すれば、1つのソフトウェアから他のソフトウェアへのデータを手動で伝送する手間を省くことができます。

ArrayCalc Exchange

d&b ArrayCalc ExchangeはCADおよびEASEファイルをArrayCalcで直接使用できるようにArrayCalc会場ファイル形式 (*.dbacv) に変換するSketchUpプラグインです。ArrayCalc ExchangeはシステムデザイナーがArrayCalcで複雑な会場におけるサウンドデザインを簡易化するお手伝いをします。

d&b 会場データベース

精度の高い会場モデルを作成するd&b 会場データベースは、ArrayCalcに直接インポートすることができます。これは、すべての観客エリアを正確にモデリングするだけでなく、リギングの高さやリギング点、主要な構造の特性、会場の写真など便利な追加情報をも提供してくれます。

ArrayProcessing

ArrayCalcにオプションとして提供されている機能ArrayProcessingは、パワフルなフィルターアルゴリズムを使い、ラインアレイコラムの垂直カバレージ角度によって定義される観客エリア全体の音調(音響スペクトル)およびレベル(空間的)パフォーマンスを最適化します。

ArrayProcessingについてもっと詳しく

ArrayCalcビュワーアプリ

d&b ArrayCalcビュワーアプリは、d&b audiotechnikラウドスピーカーシステムのレイアウトとフライング状況に関するすべての重要な情報を提供し、それに関連するすべてのリギング、セットアップ、およびシステム情報をシンプルに手元に表示します。

システム要件
PC
Intel/AMD 1.5 GHz以上 (Intel i5以降を推奨)。
Windows 7以降(64bit 推奨)。
Mac
macOS 10.12以降、 64bitプロセッサ。
RAM
4 GB (8 GB 推奨)
グラフィック
OpenGL サポート(v2.0以降)
ハードディスク容量
200 MB
スクリーン解像度
1920 x 1080以上
ビューポートが1600 x 900未満の場合、スクロールが必要になります。
 
発行日
種類
ファイルタイプ
サイズ
言語
 
d&b Venue database - Frequently asked questions
20.10.2020
ArrayCalc シミュレーション・ソフトウェア
PDF
84 KB
English
d&b Venue database - Requirements for venue files
07.10.2020
ArrayCalc シミュレーション・ソフトウェア
PDF
159 KB
English
ArrayCalc V10.14.1 Mac
06.10.2020
ArrayCalc シミュレーション・ソフトウェア
DMG
90 MB
ArrayCalc V10.14.1 Win
06.10.2020
ArrayCalc シミュレーション・ソフトウェア
ZIP
83 MB
ArrayCalc V10.14.1 Release notes
06.10.2020
ArrayCalc シミュレーション・ソフトウェア
PDF
143 KB
English
ArrayCalc V10.14.1 リリースノート
06.10.2020
ArrayCalc シミュレーション・ソフトウェア
PDF
252 KB
日本語
Software Newsletter 2020-07
16.07.2020
ソフトウェア・ニュースレター
PDF
1 MB
English
TI 501 d&b Soundscape 1.7
31.03.2020
テクニカル・インフォメーション (TI)
PDF
6 MB
English
Software Newsletter 2019-12
12.12.2019
ソフトウェア・ニュースレター
PDF
825 KB
English
TI 385 d&b Line array design 10.5
12.12.2019
テクニカル・インフォメーション (TI)
PDF
7 MB
English
ArrayCalc Software and licenses, Quick guide
09.10.2019
ArrayCalc シミュレーション・ソフトウェア
PDF
762 KB
English
TI 385 d&b Line array design 10.4
09.10.2019
テクニカル・インフォメーション (TI)
PDF
7 MB
English
d&b ArrayCalc V10 リリース ノート
25.06.2019
ArrayCalc シミュレーション・ソフトウェア
PDF
221 KB
日本語
Software Newsletter 2018-10
11.10.2018
ソフトウェア・ニュースレター
PDF
1 MB
English
ArraySight Manual 1.7
10.09.2018
取扱説明書
PDF
8 MB
English
AN 161 ArrayProcessing on tour
02.07.2018
ArrayCalc シミュレーション・ソフトウェア
PDF
70 KB
English
Software Newsletter 2017-12
04.12.2017
ソフトウェア・ニュースレター
PDF
1,015 KB
English
Software Newsletter 2017-04
14.06.2017
ソフトウェア・ニュースレター
PDF
924 KB
English
Software Newsletter 2016-10
30.09.2016
ソフトウェア・ニュースレター
PDF
2 MB
English
ArrayProcessing questions and answers
28.04.2015
ArrayCalc シミュレーション・ソフトウェア
PDF
134 KB
English
ArrayProcessing technical white paper
24.04.2015
ホワイトペーパー
PDF
347 KB
English
ArrayCalc Exchange tutorial. Quick guide

1/17 – ArrayCalc Exchange tutorial. Quick guide

ArrayCalc tutorial. 1. Introduction and Overview

2/17 – ArrayCalc tutorial. 1. Introduction and Overview

ArrayCalc tutorial. 2. Venue editor

3/17 – ArrayCalc tutorial. 2. Venue editor

ArrayCalc tutorial. 3.1. Sources view: Line arrays

4/17 – ArrayCalc tutorial. 3.1. Sources view: Line arrays

ArrayCalc tutorial. 3.2. Sources view: Point sources

5/17 – ArrayCalc tutorial. 3.2. Sources view: Point sources

ArrayCalc tutorial. 3.3. Sources view: Sub array

6/17 – ArrayCalc tutorial. 3.3. Sources view: Sub array

ArrayCalc tutorial. 4. ArrayProcessing simulation

7/17 – ArrayCalc tutorial. 4. ArrayProcessing simulation

ArrayCalc tutorial. 5. Time alignment

8/17 – ArrayCalc tutorial. 5. Time alignment

ArrayCalc tutorial. 6. 3D plot

9/17 – ArrayCalc tutorial. 6. 3D plot

ArrayCalc tutorial. 7. Rigging Plot

10/17 – ArrayCalc tutorial. 7. Rigging Plot

ArrayCalc tutorial. 8. Amplifiers: Remote

11/17 – ArrayCalc tutorial. 8. Amplifiers: Remote

ArrayCalc tutorial. 9. Snapshots and Parts list

12/17 – ArrayCalc tutorial. 9. Snapshots and Parts list

ArrayProcessing tutorial. 2. Planning in ArrayCalc

13/17 – ArrayProcessing tutorial. 2. Planning in ArrayCalc

ArrayProcessing tutorial. 3. Configuring the system amplifiers in R1

14/17 – ArrayProcessing tutorial. 3. Configuring the system amplifiers in R1

ArrayProcessing tutorial. 4. Temperature and humidity control

15/17 – ArrayProcessing tutorial. 4. Temperature and humidity control

ArrayProcessing tutorial. 1. What is ArrayProcessing?

16/17 – ArrayProcessing tutorial. 1. What is ArrayProcessing?

Software add-on. CPL for SL-Series

17/17 – Software add-on. CPL for SL-Series

類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る
あなたの国での販売連絡先をお探しですか?販売店を探す