J8 ラウドスピーカー

J8ラウドスピーカー 前面
J8ラウドスピーカー 背面
J8ラウドスピーカー 前面 ラインアレイ
J8ラウドスピーカー 背面 ラインアレイ

J8 ラウドスピーカー

ラインアレイ

大型3ウェイラインアレイラウドスピーカー 

  • コンポーネント
    2 x 12"/10"/2 x 1.4"
  • 指向角度 80°
  • SPLmax 145 dB
  • 質量 60 kg /132 lb
  • d&b Certified Pre-Owned

既に生産中止となっているJ-Seriesが、”d&bリマニュファクチャリング”によって生き返ります。Certified Pre-Owned J-Series (公認再生産品J-Series)は、大幅に削減された二酸化炭素排出量と共に、国際的に名を馳せたその新規生産品と同一のSR性能を提供します。

(公認再生産品)の詳細はこちら

製品説明

J8は12インチLFドライバー2基、10インチMFホーンドライバー1基、3インチボイスコイルをもつスロート径1.4インチHFコンプレッションドライバー2基が専用のウェーブシェイパーに取り付けられた3ウェイ設計のスピーカーです。最大24台までのラウドスピーカーでコラムを構成することができます。この垂直コラムを、0°~7°の垂直スプレイ角度範囲で1°刻みで設定して吊上げることができるように機構と音響が設計されています。生成される円筒状の音波は、垂直面でコヒーレントに結合します。ネオジウム製LFドライバーが双極状に配置されたことで、極めて優れた80°の水平方向定指向性制御を公称値で250 Hzまで維持することができます。
J8は音響的にも、構造的にもJ12と互換性を持つスピーカーです。J8のみのコラムで使用することはもちろん、J12またはJ-SUB と組み合わせることも可能です。J8のキャビネットは、船舶用合板製で耐衝撃・耐候仕上げ(ポリウレアキャビネット保護)が施されています。キャビネットの前面は頑丈なメタルグリルで保護されており、側面および背面パネルには4個のハンドルが付属しています。 背面にはまた、並列配線されている2個のNLT4F/M、EP5またはNL8 コネクターも取り付けられています。

アンプ

J8にはd&bのD80、30Dアンプが推奨されています。2ウェイアクティブJ8にはD80の2つのチャネルが必要です。

D80

30D

プロジェクト詳細計画用設置仕様書

設置仕様書をお求めですか?d&bシステムまたは特定のd&bシリーズの設置仕様書?主な技術仕様はこちらからダウンロード。

システムデータ
周波数特性(-5 dB スタンダード)
48 Hz - 17 kHz
周波数特性(–5 dB CUT モード)
85 Hz - 17 kHz
最大音圧レベル(1m、無響音場)1
30Dと使用した場合
D80と使用した場合

145 dB
145 dB
ラウドスピーカーデータ
設定
大型3ウェイラインアレイラウドスピーカー
公称インピーダンス
6 Ω (LF) / 12 Ω (MHF)
許容入力 LF(RMS/ピーク 10 ms)
500/2000 W
許容入力 MHF (RMS/ピーク 10 ms)
200/800 W
公称指向角度 (水平x垂直)
80°2
スプレイアングル設定
0 - 7° (1°刻み)
コンポーネント
2 x 12インチドライバー / 1 x 10インチドライバー
2 x スロート径1.4インチコンプレッションドライバー
パッシブクロスオーバーネットワーク
コネクター
2 x NLT4 F/M
2 x EP5 または 2 x NL8(オプション)
寸法 / 質量
寸法(高 x 幅 x 奥行き)
360 x 1100 x 570 mm
14.2 x 43.3 x 22.4"
重量
60 kg
132 lb

1 最大出力音圧レベルピークテスト信号:ピンクノイズ、クレストファクタ4
2 ≥ 250 Hz

類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る
あなたの国での販売連絡先をお探しですか?販売店を探す