St PaulとSt George。d&bと共に21世紀へ

1/7
2/7
3/7
4/7
5/7
6/7
7/7

一般的に現在教会の数は激減しているという認識が多いと思いますが、そんな中でもクリスチャンの一部の人々は静かながら能率的に21世紀の信者達のための教会を建設することに取り組んでいます。現代の最先端の人々が、古風な教会の中に埋もれている魅力を感じてもらい中世のテーマパークとも言える場所を訪れてもらうには何が重要なのかを考える必要があります。スコットランドのエジンバラの中心にあるSt PaulとSt Georgeはこのようなことを考慮して多額の資金を投じて最先端の流行を取り入れました。人によっては怖いと思って尻込みしてしまうかのようなガラスとスチールによる建築ですが、ここは多くの保守的な人々が持つ多くの不安を軽減してもらい明るい気持ちになってもらうことを目的に作られています。教会は現在昔からの内装デザインを壊すことなく、現代の人々がリラックスできるコミュニティースペースとなっています。これらの考え方は、教会のテクニカルな改修部分にも適用されており、昔の信者が演台が良く見えないために支柱で高さを上げてしまったために時々その説法が遅れて聴こえてくるといったような問題がありました。しかしこれらはスコットランドを地盤とするD3社によって解決されました。 「我々は映像、音響、カメラ、デジタル信号系統のワイアリング、ステージ照明の供給をするという契約を締結しました。」とD3社のプロジェクトマネージャーPhil Lidstone氏が概要を説明してくれました。「教会は、広範囲の音響と映像のパッケージでありながら簡単に使用できるものを希望されていました。そしてどの席からも操作できるようにして欲しいということでした、我々はAMXコントロール、マトリックスビデオスイッチングとSDIカメラを2台入れ、信号をGrass ValleyのHDミキサーに送っています。信号供給の一部には、アメリカのミルスペックのAuto パッチマトリックスシステムを使用しカテゴリー5 のケーブルを使用しています。このシステムはパッチ替えが簡単に行えます。別館の会議室へのビデオ信号の送信はExterityの SDI-MPEGビデオエンコーダーによってネットワーク内に送られています。そして毎週日曜日の朝に行われるスピーチのためにJellyfish経由でSound Webにプログラムしたスピーチリレーシステムを用意しています。これは少数の信者に向けてのサービスとなりますが、サウンドシステムは祭壇を囲んだ人々やサービスに関わった人々にとってセンセーションだったようです。このプログラミングはYamahaのM7CLをバイパスするようになっているので聖職者の代表は特にサポートの技術者を必要とせずに自分でプリセットを選択することで行えます。」 音響システムはWarehouse Sound Service社によって納入されたd&b audiotechnikのラウドスピーカーです。「我々はWarehouse社とこのようなプロジェクトを過去にいくつも行ってきています。彼らが供給する機器を我々が映像と音響のシステムとして統合しています。彼らは単に機器の納入だけではなく、サポートもバックアップ体制も営業の枠を超えて提供してくれます。実際にこの教会の基本音響設計は同社のDerek Blair 氏が行ってくれました。」教会の音響環境は床がカーペット敷きであるためにさほど悪いというものではありませんでした。Blair氏の目標は、直接音が新設されたガラスの建造物に当てないようにすることと、その周辺にある支柱を避けることでした。「このスペースに適応するのは分散型配置しか無いとすぐに思いました。」と語るのはBlair氏。「客席の一部が聖歌台方向に急傾斜していたり、天井の支柱が非常に太かったりすることから分散型に決めました。この2つの理由からセンタークラスターの設置か一般的なL/R構成のPAシステムの構築が考えられましたが、どちらも客席全体をカバーすることはできません。そのため当時発売されたばかりだったd&b E8を使用することにしました。小型で十分過ぎるほどのパワーがあり回転可能な同軸ホーンを搭載しているため、不要なエリアでの反射を増加させることなく、必要な客席のみをカバーすることができます。信者の方々はスピーカーから3メートル以内の近い場所に座るため極めて高いヘッドルームを確保できます。」 Lidstone氏もBlair氏の設計について非常に評価しています。「我々は、例え大型のシステムでもお客さんの予算に見合うようにしています。」とも語る同氏。導入された合計24台のE8は11台のD6で駆動されています。若者のグループがサービスを行う時に、よりローエンドを出すためのQiサブウーファーも2台用意されています。「この教会は500から600人、恐らくもっと多い時は700人を収容できるほどのサイズです。」とLidstone氏。「視覚的にもE8は他のデザインに完全に溶け込むことができています。」とSt PaulとSt Georgeの牧師Dave Richards氏が語ります。「このシステムは私たちが欲しかったクリアで奥行きのあるリッチな音を忠実に提供してくれます。我々も非常にこのシステムに満足しています。見た目は極めて目立たないながら大音量が出て、音質を妥協することなく視覚的にも内装に完全に調和しています。」

類似の導入事例

宗教施設

産業地帯のチャンピオン協会にd&b導入

ダドリーの南数マイルの距離に位置するネザートンは、産業革命の中心地です。かつて運河、そして産業革命期に建設された最古の交通網で知られた都市は、今やその煤にまみれた過去をすっかり洗い流し...
続きを読む
宗教施設

A Parable from the Pennines

イギリスのWest Yorkshireの 高速道路M62の沿道の町々はしばしば「都市の衰退」、「喪失」、「社会的機能不全」の代名詞として使われています。
続きを読む
宗教施設

石へと変身したd&b ラウドスピーカー

ミネソタ州セントポールにあるセントキャサリン大学にあるアウワー・レディー・オブ・ヴィクトリー・チャペルは、金色の石、優雅な曲線、アーチ型の天井で有名な歴史的にも重要な建物です。しかし、美的感覚と音響環境は必ずしも比例するものではないと Audio Logic Systems (ALS)のJohn Markiewicz社長は話します。
続きを読む
宗教施設

プラネットシェイカーズが違ったエスプリをシェイク

メルボルンのダウンタウンにある、ダラス・ブックスセンターのプラネットシェイカー・シティ・チャーチがその名前を多彩に解釈、そして実践活気のある、成長まっただ中の教会として、プラネットシェイカーズはその現代的な讃美歌で世界的にもよく知られています。
続きを読む
宗教施設

喜びのサウンドをつくる。リビング・ホープ教会で新しいd&bサウンドインスタレーションを吟味

「教会の中で行なわれること。サウンドシステムはこれらを助ける唯一のツールだ。歌うこと。祈ること。説教すること。d&b audiotechnik...
続きを読む
類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る