壮麗なゴシック建築内の放送局で存在感を示すd&bシステム

1/5
2/5
3/5
4/5
5/5

15世紀中頃に建てられたルーヴェン市庁舎は、後記ゴシック建築の傑作で、数多くの素晴らしい中世の建造物を誇るベルギーにおいても、とりわけ見事なもので、装飾がほどこされた尖塔がそびえ、柱の間には19世紀に236体もの彫像が加えられている。

この古風な建造物を目にする人には、この中に21世紀のラジオ局があるとは想像できないだろう。しかし実際に、ここにオランダ語公共放送局のRadio 2スタジオがあるのだ。なぜなのだろうか。

これについて、Amptec社のプロ/劇場用オーディオシステム販売部長のFrank Geerts氏は、説明し、「フラマン語放送局のVRTが、数年前に、ルーヴェン市庁舎の中に、Radiohuisまたは単にRと呼ばれる、完全な放送施設を設置することを決定しました。このRadiohuisの施設としては、主としてRadio 2のVlaams-BrabantとBrusselが使用するスタジオ、編集ルーム、会議施設、およびR-Caféがあります。そこの、生放送や、イベント、コンサート、そしてRadio 2、Klara、MNMといったVRTラジオ局の公共放送のためのスペースに、私たちは、d&b audiotechnikのスピーカー・システムを設置しました」と語った。

最初の計画では、 Ci7-TOPスピーカー、E15X-SUB、およびE12を組み合わせることになっていたが、見直す必要があった、これについてGeerts氏は、説明し、

「その部屋は、生放送用にはかなり大きなもので、見学者を、着席なら50人ほど、立ち見なら100人くらいまで収容でき、固定されたステージと、必要に応じてスペースをつくれる移動式プラットホームが装備されています」と語り、さらに、

「私たちは、音響特性の詳細な調査を行い、生放送中のフィードバックを避けるために、追加のスピーカーとして、 xSシリーズの5Sと4Sを取り付けることにしました。これらのスピーカーによって、移動式のステージや、固定した柱や階段などの障害物から生じる問題を克服し、全体的に均一なカバレッジを確保ことができました。またシステム全体のために、中央ラックにd&b D6アンプを据え付けました。サウンド・エンジニアは、システム全体の制御を、Wi-Fiを通じてd&b audiotechnikのR1遠隔操作ソフトウェアで行うこともできます」と語った。

去年オープンされたR-Caféが、Radio 2の土曜日朝の「En nu serieus」や水曜の「Muziekcafé」といった生放送番組のために、定期的に利用されている。

「R-Caféは、ラジオ番組をより身近に感じていただくことにも役立っています。ここを訪れるリスナーの皆さんに、Jelle en Clara Cleymans、Brahim、 Martine De Kok、De Romeosといった最も人気のあるローカル・アーチストたちの演奏を、最高級オーディオシステムの、素晴らしいセッティングで、心ゆくまで堪能していただくことができます」 - これ以上のことがあるだろうか?

類似の導入事例

その他のアプリケーション

「Eurosong for Kids」とd&b audiotechnik

d&b audiotechnikのベルギーのパートナーAmptec社は、フランス語圏の放送局RTBFが新しいサウンドシステムの導入を検討していることを聞いて、d&b PAシステムを紹介するチャンスを得ました。「その計画は、既に約2年前から始まっていました。」
続きを読む
その他のアプリケーション

D80: 洗練されたおとぎ話が現実に

風が多いことで知られるデンマークの北西の端にある小さな街にAllround社は拠点を置いています。
続きを読む
ツアー&コンサート / その他のアプリケーション

波に乗る”ヴァッケン”

自由を象徴させるようなタトゥーを施した人たちに、無限に提供されるビール・・・。泥酔している瞬間、そこは「幸せな船」といえるかもしれません。
続きを読む
類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る