多目的なSAPアリーナ

1/5
2/5
3/5
4/5
5/5

マンハイムは、ドイツBaden-Württemberg州第2番目の大都市で、Ludwigshafen市とHeidelberg市とに隣接してライン川とネッカー川が交わる所に在ります。両市は工業と文化の中心地で、フランクフルト南部の交通の要所となりました。17世紀からの文化的伝統である古典バロック様式の碁盤目状の都市計画を持ち、ドイツ内で最も広大なバロック建築を持つ宮殿も存在します。現在は、大学の敷地となっています。ドイツの国家的な詩人であるFriedrich Schillerによる有名な"Die Räuber"が、マンハイムで公演されました。また、今年はモーツァルト誕生250周年記念であり、モーツァルトがここで幾つかの名曲を残していることを付け加えなければなりません。SAPアリーナは2005年9月にオープンされましたが、ここはBaden-Württemberg州で一番大きな多目的施設で14,500席を持つだけでなくヨーロッパで最も近代的なスポーツ競技場でありイベント会場でもあります。このアリーナ名は、主スポンサーであるドイツの巨大ソフトウエア会社であるSAP社の名前から付けられました。そして、新たにアイスホッケーのチャンピオンチームMannheimer Adler 'Eagels'のホーム競技場となり、またハンドボール1部リーグのチームSG Kronau/Östringenもこの競技場をホームゲームで使用することになりました。 精巧なテクノロジーにより、アイススタジアムからハンドボール競技場へ、さらにコンサート会場や劇場に瞬時に早変わりしてしまいます。この様にSAPアリーナは、マンハイムの優れたスポーツ施設のみとしてだけでなく、音楽イベント、国際大会議場、そして、展示会場としても理想的な会場となりました。 44,200平方メートルの広大なフロアスペースを持ち、ケータリング設備や先端テクニカル機器を備えた会議場です。 コンサート会場として使用するためには、2つのアリーナ基準をクリアする必要がありました。その1つが、大空間での特性を完全に排除し、例え空席時でも詳細まで聴き取れて深い感銘を与えられる音であること。 2つめは、設置されたdd&b audiotechnikのサウンドシステムにありました。その構成は、3台のQi7と4台のQi7施工用ラウドスピーカーで構成された常設アレイが、アリーナの上方と下方のエリアをカバーするために会場内に分散配置されて、さらに他のQi7ラウドスピーカーをビデオスクリーンの下に吊り下げて、アリーナ床面をカバーすることにしました。メインの常設d&bシステムは、アイスホッケーでもテニスでもあらゆるライブスポーツイベントのためにリインフォースメントの重責を担います。大規模ミュージックコンサートのためには、さらに可動システムが舞台左右に吊り下げられ、常設システムのサポートと共に使用されます。この全ての設置は、ドイツのLaauser & Vohl社とKarl Maria Fölling社がプロジェクトマネージメントの重責を果たしました。 3段と4段のQi7アレイのラウドスピーカーに個別のアンプチャネルを設定することで、上方と下方を個別に制御できるために、上方のアレイはコンサート時にSRのディレイシステムとしても使用することが可能です。この結果、舞台左右に設置される可動システムは、アリーナフロアとガラス張りのVIP席前までの客席下方をのみを狙うのみで済みます。客席下方とアリーナフロアを狙う常設サウンドリインフォースメントシステムは、緊急放送や避難放送用に常にスタンバイ状態にできます。この様に計算された配置により、ただ段状の客席へ音を届けるだけでなく、これを遥かに超えたより現実的なサウンドリインフォースメントを実現させました。 正式オープン以前に開催されたのはスポーツイベントだけで、この巧みな柔軟性の効果がよく解りませんでしたが、9月のプレミアムコンサートが開催されて明確となりました。それは、アリーナフロアに特別席が追加され、1万人を超える熱狂的な観客を迎えた初日の夜には、Philharmonic Orchestra of Rheinland- Pfalzとその後のRonan Keatingの公演が行われ、二日目の夜はMannheim Soul Orchestraによる慈善コンサートがRolf Stahlhofenと主要なドイツのロックやソウルのアーティストを招いて開催されました。この両オープニングコンサートで、d&b audiotechnikから発表されたばかりのJ-Seriesの各製品が初披露されました。 この正式なオープニングイベント以降、大規模なスポーツと音楽イベントが続々と開催されました。例えば、ハンドボールの国際試合、アイスホッケー、ホリデイ オン アイスショー、エルトン ジョンのコンサート、そして地元の伝説的な歌手Xavier Naidoo等。SAPアリーナでのイベントは、いつも満員御礼で売り切れとなってしまうために誰もが次の公演を待ち望んでいます。

類似の導入事例

スポーツ会場

究極のパフォーマンスサウンド。
ベルリン、ホルスト・コルバー・スポーツセンターの大型ホールにおけるサクセスサウンド

ベルリン・オリンピック・スタジアムの目と鼻の先、シャルロッテンブルク・ヴィルマースドルフ地区に、元政治家のホルスト・コルバーにちなんで名づけられたスポーツセンターがあります。同センターは、家族、青少年、スポーツで収めた彼の功績を称えて設立されたものです。広々としたこのスポーツ施設は、ハンドボール、ホッケー、バレーボール、陸上などの全国大会の会場として使用されています。このレジャーセンターは1980年後半に創設され、ベルリン体育協会に属する重要なスポーツ施設となっています。
続きを読む
スポーツ会場

極東の戦略的な都市で示されたd&bの実力

d&bにとっての戦略的ロケーションロシアの極東沿岸地域で、わずか155年前にロシアの一部となったMuravyov-Amursky半島地域の州都、ウラジオストックは、ロシア海軍の太平洋艦隊の本拠地でもありロシアにとって極東地域における最も戦略的に重要な都市であります。
続きを読む
スポーツ会場

ANZでスポーツ観戦が変わる

すごいアイデアがあります。とどろくようなローエンド、疑いの無いパワフルな標準的コンサートシステムを高度に残響するスペースに設置して、8万人の観客をもてなすのです。これは実現可能です。
続きを読む
スポーツ会場

Qシリーズで成功する沖縄バスケットボールチーム

日本列島の最も南に位置する沖縄は、日本プロバスケットボールリーグに所属し、沖縄の代表的なチームである琉球ゴールデンキングス (RGK)の本拠地でもある。まだLA Lakersのようにはいかないが、野心に燃えたこのチームでは、収益増大のため、そして試合での興奮レベルを高め、観客層の増大をはかるために、21世紀的なスポーツショービジネスの手法を採用している。
続きを読む
スポーツ会場

A volcano in Guadalajara, and one that doesn’t stop flights

Clun Deportivo Guadalajara SA de CV、ファンからChivasとの愛称で呼ばれるサッカーチームにとって、成功とは運命付けられたものです。トロフィーに刻まれたその名の数々は他のクラブの追随を許さず、Mexican First Divisionから降格したことが無い唯一のチームでもあります。その成功には決して満足することはなく未来への投資を続け、ごく最近には45000人収容の新スタジアム、the Volcanoをオープンさせています。建築家D....
続きを読む
類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る