メタルバンドSlayerとd&bの奇妙な同盟関係。

1/6
2/6
3/6
4/6
5/6
6/6

一晩に5つものバンド演奏をこなすというのはただでさえ大変な仕事です。しかも、それが暗黒のヘビーメタルバンドが5つもが出てくるとなれば、システムに求められる音量について想像してしまうのではないでしょうか?しかし、それは音圧だけではありません。「何日かは、午後三時に会場しなければなりません。」とヘッドライナーのSlayerのサウンドマンTim Quinby氏が言いました。「しかし、実際がどうだったかと言えばには、我々のシステムは吊り上がるまで非常に早く、クルーは本格的なアリーナ片側の吊り上げにかかっても20分だったので、常に午後の時間を回線チェックに当てることができました。正直、私が見てきたPAの中で一番早いセットアップでした。」 The Unholy Allianceツアーは、最近、米国からヨーロッパへ移動しましたが、音響サービス会社であるEighth Day Soundは、そのツアー全体をパッケージとして機材を全て帯同させることに決定していました。「このシステムを使用するに至る経緯は面白いものでした。」とQuinby氏。「初めにマネージメントからこのツアーの打診があったとき、私は別なシステムを依頼していました。ちょうどそのころEighth Day Soundは、 d&b audiotechnikの新製品、J-Seriesシステムを購入したばかりで、彼らは私に、彼らの所に来てそのシステムをみてほしいと言われました。そして私のためにシステムをセットアップしてくれました。私がOKを出し、バラしてトラックに積んで欲しいと言うまでには、約2分程度の時間で充分でした。真先に私が衝撃を受けたのは最高にクリアな音とそのパワーの凄さの2つのことです。そしてそれは期待を裏切ることなく、しかも余裕を持っています。」 Quinby氏は、Mastodon、Lamb of God、Thine Eyes Bleed、Children of Bodomといったバンドの共演は開演から大音量であり、ショーが進むにつれその音量も増して行くことを否定しません。「最初のバンドが、ステージに上がった時は103/104dBA(slow)位で、私がミックスを始める頃には110前後をピークに約107dBAでした。私が作業をするには若干うるさ過ぎます。105位が私にはちょうど良いのです。しかし実際は私がシステムを抑えつけるところを誰も見ることはありません。例えそのレベルに至っても私にはまだ余裕があり、 Eighth Day Soundで聴いたときのあの明瞭感は何にも失われていません。SUBだけではなく中/低域もすばらしいパンチです。本当にパワフルなサウンドで、このタイプの音楽には本当にぴったりと合います。」 Quinby氏は、システムに惚れ込み、ヨーロッパツアーへも使用する要望を出してヨーロッパへ向かいました。「ヨーロッパに着いたとき、 SlayerのマネージャーRick Sales氏が来て、「凄くいい音じゃないか。これは米国で使用していたシステムと違うのか?」と言われましたが、事実はEighth Day Soundが同じ機材で回れるようにヨーロッパ向けに提供してくれたもので同じ物です。彼らの仕事は皆なを満足させてくれました。その点から言えばEighth Day Soundには心からの感謝を伝えたい。この6月に米国でツアーをスタートさせてから今まで何の問題も起きていませんし、重量やリギング、機構的な問題も全く起こっていません。これ以上言うことはありません。私はこのシステムが大好きです。クルーたちもこのシステムが大好きです。そしてバンドも信じられない位喜んでいます。」

類似の導入事例

ツアー&コンサート

シカゴ・オープンエアー・ミュージックフェスティバルで輝くd&b

毎年恒例のシカゴ・オープンエアー・ミュージックフェスティバルにダイナミックでハイパワーなサウンドを提供するという任務を負ったBrown Note Productions, Inc.は、ソリューションを見つけるためにd&bにサポートを求めました。Brown Noteは、GSLとKSLの組み合わせが、その会場で求められるパンチ、忠実度、明瞭性をもたらすと分かっていました。
続きを読む
ツアー&コンサート

ブレバード・ミュージック・センターでバーンスタインの『ミサ』を見事に開花させたd&b Soundscape。

作曲家レオナード・バーンスタインの遺志に敬意を表し、ブレバード・ミュージック・センターの夏の音楽祭で芸術ディレクターを務めるキース・ロックハートは、最新技術を駆使し、クラシック音楽のパイオニア精神を現代に蘇らせるという課題に取り組みました。
続きを読む
ツアー&コンサート

ロサンゼルスのGrand Parkで、Soundscape を使って睡眠。

サウンドデザイナーのChris Ekersは、ロサンゼルスのGrand Parkで8時間にわたって行われたMax Richterのララバイ「Sleep」で眠りに落ちた聴衆を音で包み込むためのシステムを必要としていました。
続きを読む
ツアー&コンサート

d&b Soundscapeが空間にちりばめたフィラデルフィア・ボイスのサウンド.

350名の歌声とフル・オーケストラが響き渡るコンサートホールでも、d&b SoundscapeのEn-Scene ソフトウェアモジュールを使えば、大きな合唱団の中から一人の歌声だけにスポットライトを当てることができます。
続きを読む
類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る