J-INFRAサブウーファー

J-INFRAサブウーファー前面
J-INFRAサブウーファー背面

J-INFRAサブウーファー

サブウーファー

大型カーディオイドサブウーファー

    • コンポーネント 3 x 21"
    • 指向性 カーディオイド
    • SPLmax 144 dB
    • 質量 152 kg /335 lb
    • d&b Certified Pre-Owned

    既に生産中止となっているJ-Seriesが、”d&bリマニュファクチャリング”によって生き返ります。Certified Pre-Owned J-Series (公認再生産品J-Series)は、大幅に削減された二酸化炭素排出量と共に、国際的に名を馳せたその新規生産品と同一のSR性能を提供します。

    (公認再生産品)の詳細はこちら

    製品説明

    J-INFRAはJ8、J12、J-SUBで構成されるJ-Seriesシステムを補完するために使用するカーディオイドインフラサブウーファーです。J-Seriesシステムの周波数特性を27 Hzまで拡げ、従来のL/Rセットアップのグラウンドスタック構成でのみ使用でき、インフラサブウーファーアレイにも配置できます。3つの21インチドライバーを収めた2つのバスレフチャンバーがあり、1つのチェンバー内の前方に向いた2つのドライバーが1つのアンプチャンネルにより駆動され、別のチェンバー内の後方に向いた1つのドライバーが別のアンプチャンネルによって駆動されます。このドライバーのセットアップにより、カーディオイド指向パターンは、システムの背後の不要なエネルギーを回避し、それにより低周波数での残響を大幅に減少し、低周波数再生の精度を最大にします。アンプでハイパーカーディオイドモードを選択すると、フロント/リアチャネルのチューニングが最適化され、キャビネットリアの左右で最高のリジェクションが実現されます。J-INFRAキャビネットは船舶用合板製で、耐衝撃・耐候塗装仕様のPCP (ポリウレアキャビネット保護) 仕上げが施されています。キャビネットの前面と背面は、頑丈なメタルグリルで保護されており、側部のパネルには8個のハンドルが組み込まれています。キャビネット前面には木製のリッド(オプション)を固定する4個の留め金が取り付けられています。

    アンプ

    J-INFRAにはd&b、D80アンプが推奨されています。d&bの30Dもご利用頂けます。J-INFRAの2ウェイアクティブモードにはD80の2つのチャネルが必要です。

    D80

    プロジェクト詳細計画用設置仕様書

    設置仕様書をお求めですか?d&bシステムまたは特定のd&bシリーズの設置仕様書?主な技術仕様はこちらからダウンロード。

    システムデータ
    周波数特性(-5 dB スタンダード)
    27 Hz - 60 Hz
    最大音圧レベル(1m、無響音場)1
    30Dと使用した場合
    D80と使用した場合

    141 dB
    144 dB
    周波数特性(–5 dB 70 Hzモード)
    27 Hz - 70 Hz
    ラウドスピーカーデータ
    設定
    大型カーディオイドサブウーファー
    公称インピーダンス
    3 Ω (フロント) / 6 Ω (リア)
    許容入力 フロント(RMS/ピーク 10ms)
    1200/4800 W
    許容入力 リア(RMS/ピーク 10ms)
    600/2400 W
    コンポーネント
    3 x 21インチドライバー
    コネクター
    1 x NLT4 F
    1 x EP5 または 1 x NL8(オプション)
    寸法 / 質量
    寸法(高 x 幅 x 奥行き)
    685 x 1180 x 10402 / 1158 mm
    27.0 x 46.5 x 41.03 / 45.6"
    重量
    152 kg
    335 lb

    1 最大出力音圧レベルピークテスト信号:ピンクノイズ、クレストファクタ4
    2 寸法(キャスターを含まない)

    類似の導入事例
    全ての用途

    d&bの採用事例

    使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
    全ての事例を見る
    あなたの国での販売連絡先をお探しですか?販売店を探す