d&bワークフロー

統合されたd&bワークフローは、プロジェクトの開始からプラニング&シミュレーション、最終現場でのオペレーション制御に至るまで、プロセス全体を通じて効率性の向上に貢献します。

仕様要求

d&bワークフローが、計画&シミュレーションからコントロールや結果の検証まで、プロジェクト全体を通して効率性の向上に貢献します。

プラニングとシミュレーション

d&b ArrayCalc シミュレーションソフトウェア

会場の様々なデータ(正方形か円形か、フラットかひな壇、大規模か小規模かなど)をd&b ArrayCalc シミュレーションソフトウェアに入力します。ArrayCalc内に入力されたシステムは自動的にd&b R1 リモートコントロールソフトウェアのユーザーインターフェイス内に作成されます。

d&b ArrayCalc Exchange

d&b ArrayCalc Exchange はCADやEASE形式のファイルをArrayCalcに直接インポートできるArrayCalc会場ファイル(*.dbacv) に変換するSketchUpの拡張機能です。ArrayCalc Exchangeは常設/可搬を問わず複雑な会場でのサウンド設計を簡易化し、システムデザイナーをしっかりとサポートします。

d&b NoizCalc ​​​​​​​

d&b NoizCalcはArrayCalcからのデータを利用し、国際基準に従い音響の伝搬を計算することにより、一つまたは複数のd&bラウドスピーカーシステムからの騒音レベルを予測することができます。 

外部シミュレーションソフトウェア

EASEなどの音響シミュレーションツールはArrayCalcの設計をインポートし、STI(音声伝達指標)値を検証、計算し、空間内でのシステムの反射や残響の特性を考慮しSPLを予測します。

d&b Revitファイル

Revitは多面的な構築管理をサポートするために、Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング、BIM)で使用されるものです。CADとは異なり、BIMプロジェクトでは、各要素に関するより多くの情報を含む3Dモデルを使用し、よりリアルなモデリングが可能です。d&b Revitファイルを使用することにより、コンサルタント、建築家、システムインテグレーターはBIMプロジェクトにd&bシステムを簡単に取り込むことができます。

制御およびオペレーション

d&b R1リモートコントロールソフトウェア

d&bリモートネットワークでは、コントロールルームのコンピュータ、ミックスデスク、客席のワイヤレスタブレットなど、会場内の場所を問わず、d&bラウドスピーカーシステム全体を一括制御、モニタリングすることができます。d&bリモートネットワークを利用すればd&bシステムの全機能にアクセスすることができます。ユーザーの権利に応じてアクセスを制限することもできます。グループ化された機器のコントロール、システムとデバイスの詳細診断、ファームウェアのアップデートなど、d&bリモートネットワークを活用すればd&bシステムアプローチの可能性を存分に引き出すことができます。

R90 タッチスクリーンリモートコントロール

7インチパネルPC、R90タッチスクリーンリモートコントロールは、日々の作業において、オーディオに関するエキスパート知識無しでも事前設定されたd&bシステムを素早く確実に操作することができます。R90の導入は、効率性を向上し、d&bラウドスピーカーシステムの柔軟性をさらに引き出す、つまり、d&bシステムアプローチを大きく飛躍させます。

他社機器の使用および相互運用性

会場によっては、既存の制御およびモニタリングプラットフォームへの統合が必要となることがしばしばあります。 d&bアンプは、他社技術にも完全に統合できるように、この業界のメーカーおよび技術のシステムコントローラーのために、数々のプラグイン要件をクリアできる設計になっています。

d&bシステムは一般的な操作要件および緊急事態のための要件を確実に満たせるものでなければなりません。そのために、どのような環境でもd&bシステムの使用準備整えられるように包括的な機能の数々、さまざまなソフトウェアインターフェイスをご用意しています。

処理および分配

d&b アンプ

全てのd&bアンプにはオン/オフできるフィルター機能、遠隔制御、ユーザー設定可能なコントロール機能など、包括的なスピーカーマネージメントを可能にする洗練された技術、デジタルシグナルプロセッシングが採用されています。d&bのラウドスピーカーを駆動するために特別に開発されているd&bのアンプはd&bシステムの心臓とも呼べる存在です。

プロセッシング&マトリックス

DS100 シグナルエンジン

d&b DS100シグナルエンジンはd&b Soundscapeの中核をなすDSPプラットフォームです。このAudinate Danteネットワーク対応オーディオプロセッサーは、64×64のマトリックスからなり、全てのクロスポイントでディレイ・レベルコントロールが可能です。ゲイン、イコライザー、ディレイ、極性スイッチを提供する広範な入力プロセッシングにより、ユーザーは、入力信号を組み合わせて、広範なソースからオーディオ信号のミックスを作り出すことができます。入力だけではなく出力にも拡張処理機能が装備されています。

DS10オーディオネットワークブリッジ

DS10オーディオネットワークブリッジはDanteネットワークとAES3デジタルオーディオシグナル間のインターフェースとしての役割を担い、またイーサネットの制御データの配信も行います。アンプの前のシグナルチェーン内に配置されるこの1 RUデバイスでは、可搬用として、常設用として、d&bシステムのアプローチを拡大することができます。

DS20オーディオネットワークブリッジ

DS20はMilanオーディオネットワークからのインターフェースをイーサネットを介してd&bアンプのデジタルインプットに供給するだけではなく、AVBに100パーセント対応する5ポートスィッチを内蔵し、一次及び冗長ネットワークを提供します。この優れた接続性により、R1リモートコントロールソフトウェアを使ってd&bアンプへのラップトップ接続も可能です。

再生

システム全体。ラウドスピーカー

シグナルチェーンの末端に位置するラウドスピーカーは、行われた綿密な計画やセッティングの成果全てを最上級のサウンドとして聴衆に届けてくれるものです。全てのd&b ラウドスピーカーの特長:

  • スケール調整が可能
  • 柔軟
  • 多様性
  • 専用リギングアクセサリーを活用し効率の良いリギング
  • 外観的にシームレスに統合可能な特殊色または耐候塗料

すべてのラウドスピーカーは軽量設計、低周波数まで確実な指向性制御、リギング用に組み込まれたハードウェアなど、d&bの高品質を物語っています。d&bラウドスピーカーには広帯域パッシブカーディオイド指向パターンを特長とするものも数多くあります。