フランクフルト歌劇場でのd&bシステムの成功

1/3
2/3
3/3

ドイツとオペラという2つの言葉を並べれば、たいていの人は、バイロイトやワーグナーの荘重な舞台を思い浮かべるだろう。しかしドイツの、ヨーロッパのオペラに対する貢献は、まだまだ数多くある。

フランクフルト歌劇場がそのよい例だ。1995年から、3回にわたってOperweltマガジン8月号の年間最優秀オペラ座に選ばれている。きびしい批評家50人からなる審査委員会から、そのような称賛を受けるということは、軽視できないことであり、ライブサウンドとCD製作の責任者であるPeter Tobiasch氏は、メインホールの新たな音響システムに、じっくりと時間をかけた、綿密かつ念入りな取組みが行われたことを強調し、次のように語った。

「寸法があと2センチ大きかったら、プロジェクトは中止されていたでしょう。これが、要求された品質レベルを満たせる唯一の中規模ラインアレイ・システムでした。しかもd&b audiotechnikのPAシステムをプロセニアム(前舞台)横のパネル後部に設置しても、観客からの視界をまったく変えないことが求められました。」 伝統的な建築物の特徴は、21世紀の技術者にとって特に目新しいことではないが、それとは別にNies electronic GmbHは、いくつかのチャレンジに遭遇した。Peter Tobiasch氏は、次のように説明している。「私たちは、具体的な技術計画は、自分たちで行いましたが、ドイツの法律では、スピーカーは販売業者を通じて購入する必要があり、選択のために7社に価格と条件を問い合せました。Nies社が、日程、テストのタイミング、いくつかのシステムバージョンの費用の算定を行い、最終的に受注となったシステムに、きわめてよい価格を設定してくれました。」 Nies社が受注したのは、コミットメントと長く続いた関係によるもでもある。「d&b audiotechnikとの、特にアプリケーションサポートと製品管理部のRalf Zuleeg氏とWerner Bayer氏との長期にわたる堅実な関係、そしてNies社のRichter氏の卓越したプロ精神によるものです。」

設置されたシステムは、パネル後部にd&b T10スピーカー、その下にT-SUBとB4-SUBアレイというシンプルなものだ。「ホールと実際のプロセニアムに(前舞台)関して、計画され期待されたアングルを可能にするために、そして観客席エリアの全レベルとバルコニーで最大限の効果を達成するために、標準のTシリーズの設置には、技術上の制約に従いながら適合させるよう、慎重に調整を行う必要がありました。」 Peter Tobiasch氏は、 d&bが達成した成果、そして設置ソリューションの精度に絶対的な確信をもっている。「感知できるような干渉やフェージングもなく、周波数のピークやディップもありません。そして私にとっての、d&bスピーカーの最も重要な特徴は、それ自体のサウンドがないということです。声や楽器だけが聞こえます。つまり音楽や言葉だけでスピーカーの存在が感じられません。以前のシステムもそう悪くはありませんでしたが、 T10、T-SUB、B4-SUBシステム、そして新しいニアフィルのためのQ7は、まったく別次元のもので、別のサウンド哲学で、別の世紀に構築されたもののようで、クリアで、ナチュラル、そして容易にドライブして最高の結果が得られます。」

Peter Tobiasch氏は、観客席の上にCi60とCi-SUBシステムを使ったいわゆる「神の声」システムを構築することに、10年以上にもわたって取り組んできた。彼は2001年にプロセニアム上にCi90の小さな左/中央/右システムを設置することから始めた。「もちろんオペラ歌手たちやメインオーケストラは増幅されません。しかし私たちは、(タイムコレクトされた)B4-SUBも、舞台上のスピーカーとの組み合せで使用しています。これは、劇場内での雷鳴の効果や、大聖堂オルガン曲の効果などのためのもので、観客には、実際にあるいはバーチャルにステージの外から来る音が届けられます。私たちは、このように設置されたシステムを、現代的な要求、特殊なコンサートやイベントに使用します。ここのような忙しいオペラ座でも、多くのそのようなコンサートが開かれます。私は、d&bの装置を23年間にわたって、ツアーやこの劇場で使用してきました。サウンドクォリティに対する私の要求は、きわめて高いのですが、d&bのいわば別次元のサウンドには大いに満足しています。」

類似の導入事例

劇場&オペラハウス

グダニスクをめぐる騒動と柔軟な新シアター

20年以上にもおよぶ取り組みと3年間の建設期間を経て、昨年、グダニスク・シェークスピア・シアターがついにオープンしました。ここは非常にユニークな劇場です。約40年前に建てられたポーランド初の演劇場というだけでなく、ここではエリザベス朝の本格的体験を再現する最新のデザインとテクノロジーが駆使されているのです。
続きを読む
劇場&オペラハウス

Y-Seriesがガイエティーシアターのダブリンへのカムバックを実現

アイルランド、ダブリンのサウスキングストリートにあるガイエティーシアターはこの街で最も古く、絶え間なく公演が続けられている劇場です。1871年11月のオープン以来、ミュージカルショー、オペラ、バレエ、ダンス、演劇等、様々な用途に使用され、ダブリンの観客たちを楽しませています。1971年にはユーロビジョン・ソング・コンテストもここで開催されました。2000年以降、オーナーは700万ユーロ以上を投じ、この豪華な劇場の改修を行なってきました。
続きを読む
劇場&オペラハウス

ジェームス・ボンドじゃないけれど。振って混ぜて。 - ニカラグア国立劇場ニカラグアの首

都マナグアに打撃を与えた1972年の地震を生き延びた国立劇場。この地震以来、穏やかな年月を送ってきたこの劇場が今回、現代的技術をもってリニューアルされました。
続きを読む
劇場&オペラハウス

多くのニーズをマッチング、d&bがJoe's Pubへ進出

ニューヨークシティのパブリック・シアターは1950年のオープニング以来、文化とコミュニティのシンボルとなっています。長年にわたって数多くのパフォーマンスが上演されてきたこのシアターは、芸術家と観衆の両方を育てるという役割を担っています。ヘアーの世界初上演から毎年行なわれ、人々に愛され続けているセントラルパークでのシェイクスピア無料公演にいたるまで、パブリック・シアターはそのミッションを達成するための新しい、クリエイティブな機会を常に探し求めています。
続きを読む
劇場&オペラハウス

d&bとモントリオールのテアトル・デュ・リドー・ヴェールが新たなミレニアムに歴史を刻むわずか

426座席という小さなテアトル・デュ・リドー・ヴェールですが、ここは、モントリオールに欠かせない文化的景観となっています。
続きを読む
類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る