フランクフルト歌劇場でのd&bシステムの成功

1/3
2/3
3/3

ドイツとオペラという2つの言葉を並べれば、たいていの人は、バイロイトやワーグナーの荘重な舞台を思い浮かべるだろう。しかしドイツの、ヨーロッパのオペラに対する貢献は、まだまだ数多くある。

フランクフルト歌劇場がそのよい例だ。1995年から、3回にわたってOperweltマガジン8月号の年間最優秀オペラ座に選ばれている。きびしい批評家50人からなる審査委員会から、そのような称賛を受けるということは、軽視できないことであり、ライブサウンドとCD製作の責任者であるPeter Tobiasch氏は、メインホールの新たな音響システムに、じっくりと時間をかけた、綿密かつ念入りな取組みが行われたことを強調し、次のように語った。

「寸法があと2センチ大きかったら、プロジェクトは中止されていたでしょう。これが、要求された品質レベルを満たせる唯一の中規模ラインアレイ・システムでした。しかもd&b audiotechnikのPAシステムをプロセニアム(前舞台)横のパネル後部に設置しても、観客からの視界をまったく変えないことが求められました。」 伝統的な建築物の特徴は、21世紀の技術者にとって特に目新しいことではないが、それとは別にNies electronic GmbHは、いくつかのチャレンジに遭遇した。Peter Tobiasch氏は、次のように説明している。「私たちは、具体的な技術計画は、自分たちで行いましたが、ドイツの法律では、スピーカーは販売業者を通じて購入する必要があり、選択のために7社に価格と条件を問い合せました。Nies社が、日程、テストのタイミング、いくつかのシステムバージョンの費用の算定を行い、最終的に受注となったシステムに、きわめてよい価格を設定してくれました。」 Nies社が受注したのは、コミットメントと長く続いた関係によるもでもある。「d&b audiotechnikとの、特にアプリケーションサポートと製品管理部のRalf Zuleeg氏とWerner Bayer氏との長期にわたる堅実な関係、そしてNies社のRichter氏の卓越したプロ精神によるものです。」

設置されたシステムは、パネル後部にd&b T10スピーカー、その下にT-SUBとB4-SUBアレイというシンプルなものだ。「ホールと実際のプロセニアムに(前舞台)関して、計画され期待されたアングルを可能にするために、そして観客席エリアの全レベルとバルコニーで最大限の効果を達成するために、標準のTシリーズの設置には、技術上の制約に従いながら適合させるよう、慎重に調整を行う必要がありました。」 Peter Tobiasch氏は、 d&bが達成した成果、そして設置ソリューションの精度に絶対的な確信をもっている。「感知できるような干渉やフェージングもなく、周波数のピークやディップもありません。そして私にとっての、d&bスピーカーの最も重要な特徴は、それ自体のサウンドがないということです。声や楽器だけが聞こえます。つまり音楽や言葉だけでスピーカーの存在が感じられません。以前のシステムもそう悪くはありませんでしたが、 T10、T-SUB、B4-SUBシステム、そして新しいニアフィルのためのQ7は、まったく別次元のもので、別のサウンド哲学で、別の世紀に構築されたもののようで、クリアで、ナチュラル、そして容易にドライブして最高の結果が得られます。」

Peter Tobiasch氏は、観客席の上にCi60とCi-SUBシステムを使ったいわゆる「神の声」システムを構築することに、10年以上にもわたって取り組んできた。彼は2001年にプロセニアム上にCi90の小さな左/中央/右システムを設置することから始めた。「もちろんオペラ歌手たちやメインオーケストラは増幅されません。しかし私たちは、(タイムコレクトされた)B4-SUBも、舞台上のスピーカーとの組み合せで使用しています。これは、劇場内での雷鳴の効果や、大聖堂オルガン曲の効果などのためのもので、観客には、実際にあるいはバーチャルにステージの外から来る音が届けられます。私たちは、このように設置されたシステムを、現代的な要求、特殊なコンサートやイベントに使用します。ここのような忙しいオペラ座でも、多くのそのようなコンサートが開かれます。私は、d&bの装置を23年間にわたって、ツアーやこの劇場で使用してきました。サウンドクォリティに対する私の要求は、きわめて高いのですが、d&bのいわば別次元のサウンドには大いに満足しています。」

類似の導入事例

劇場&オペラハウス

ベトナム初のd&b Soundscapeシステムの導入 - ハノイのフレンドシップ・シアター。

ハノイのフレンドシップ・シアターは2022年下旬、ベトナムのパフォーミング・アーツの劇場としては初めてd&b Soundscapeシステムを導入しました。ハノイ中心部に位置する、ブルータリズム様式のフレンドシップ・カルチュラル・パレス内にあるこの劇場は、街の重要な歴史的ランドマークの一つであり、クラシック、ダンス、その他の文化的パフォーマンスなど、多岐にわたる国内外の作品の舞台となっています。メインスペースは、2階建て1100席の大ホールです。
続きを読む
劇場&オペラハウス

Soundscapeがコメディ・ドゥ・ジュネーブ劇場の新しい創造上の可能性に貢献。

コメディ・ドゥ・ジュネーブ劇場は、プレンパレ地区にて1世紀以上を経た今、現代的な116 メートルの複合施設に移転しました。そのメイン・パフォーマンス・ホールである大ホールでは、この劇場で催される定評あるスポークン・ワード分野のプログラムのために音響が最適化されています。国内外の公演が催される著名なこの劇場は、ACRpro...
続きを読む
劇場&オペラハウス

日本のNAQUYOアンビエントアーティストがd&b Soundscapeを駆使し、京都へのイマーシブ「タイムワープ」を実現。

12月に京都のロームシアターで行われたイマーシブオーディオパフォーマンスの中核となるサウンドシステムにd&b Soundscapeテクノロジーとd&b T10ラウドスピーカーが運用され、NAQUYOサウンドアーティストグループによる作品制作の基盤を提供しました。
続きを読む
劇場&オペラハウス

スウェーデンの伝統あるマルメ歌劇場が、精確な音響、卓越したカバレージとコントロールを求めd&b Soundscapeを導入。

スウェーデンの歴史あるマルメ歌劇場は唯一無二のパフォーマンスセンターになることを目指し、精確な音響、音質、卓越したカバレージとコントロールを約束するd&b Soundscapeを導入しました。
続きを読む
劇場&オペラハウス

『セールスマンの死』に新しい息吹を与えたd&b Soundscape。

劇場分野で画期的な発展を見せ続けるd&b Soundscapeが、今回ロンドンのウエストエンドで『セールスマンの死』に新しい息吹を与えました。
続きを読む
類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る