ジェームス・ボンドじゃないけれど。振って混ぜて。 - ニカラグア国立劇場ニカラグアの首

1/2
2/2

都マナグアに打撃を与えた1972年の地震を生き延びた国立劇場。この地震以来、穏やかな年月を送ってきたこの劇場が今回、現代的技術をもってリニューアルされました。「機能。それがこの劇場における芸術の中核。そしてテクノロジーはその大きな一部分を占めています。」と述べるのは、同国立劇場で責任者を務めるLicenciado Ramon Rodriguez氏(リセンシアドとはセニョール・ロドリゲスが以前、この劇場で得た、尊敬の意が込められた呼び名)。この国立劇場では何年にもわたって使用してきた音響システムがありました。「しかし今になって、ミュージカル、クラシックコンサート、ロックコンサート、そしてフォークコンサートなど、どのようなパフォーマンスにも対応できるシステムが必要となったのです。このように様々なパフォーマンスに多彩に対応することなど、この劇場が建設された当時は誰も考えていなかったのでそれは必然と言えます。」この国立劇場は、正式な名前を「Teatro Rubén Dario」としています。これは、この国の偉大な詩人にちなんでつけられたものです。元々この劇場はコンサートホールとして建てられました。1階席や3つのバルコニーには1200人分の座席が設置されています。ステージ上部には音響シェルが装備されており、室内の残響は1.8秒です。「オーケストラのパフォーマンスにはここの音響はとても優れています。そして観客にとっては、どの席からも制限のない眺めを楽しめる素晴らしい室内空間です。しかし、今回私の課題となったのは拡声装置の設置です。これはとても要求の高い仕事となった。Licenciado Ramon Rodriguez氏からは、国際的なツアーショーも視野に入れて設計してほしいと頼まれました。このため、私はd&b audiotechnikの機器をベースとしたシステムソリューション、つまりツアーで最も頻繁に使用されているシステムを提案しました。ここで問題となったのは、このメーカーが同劇場の予算内で適切なツールを提供してくれるのかという点でした。」と述べるのは、音響コンサルタントを務めるインターナショナル・サウンド社 のAndreas Baldenweg氏。同社はマナグアに本拠地を置く会社です。スイス出身で70年代にニカラグアへ移り住んだ同氏はd&b audiotechnikに直接コンタクトを取りました。「システム設計プロセスでは、アプリケーションサポート部門のRalf Zuleegが大きな支えとなってくれました。特に、彼らのArrayCalcソフトを使用しながら室内環境のカバレッジ設計を行うプロセスでは、私からプロジェクトをとってしまうのではなく、むしろ案内役としての役割を果たしてくれました。その結果、とても面白い解決策を得ることができたのです。T-SeriesのT10を左/中央/右に設置しフライングで使用しました。左右のシステムがバルコニーとバルコニーの影の外側にあたる1階席後部をカバーし、中央のシステムが1階席前部をカバーしています。左右のシステムは、そのすぐ後ろに吊られているd&b xA-Seriesの1対の27A-SUBで増強されます。全ての機器は小さく、見た目もよいラウドスピーカーで、60年代の古典的な木造ステージ建築の魅力を損なうことはありません。27Aも元々からカーディオイド特性を持っており、演者のステージに不必要な低域エネルギーを除去することができます。さらに T10 を左右のステージレベルにスタックし、低い位置にある2つのバルコニー、特にバルコニー下の1階席へさらにサウンドを送っています。これらのステージスタックが両側にある d&b V-SeriesのV-SUB の上に設置されています。これはより強力なベース周波数ソースとなり、27A (40 Hz) の低周波を37 Hzまで下げるとともに大幅なパワーアップを実現しています。」Baldenweg氏の会社は2013年9月中旬に据え付け作業に戻り、10月3日のオープンに間に合わせてシステムの試運転が実施されました。「チューニング段階ではd&bのサポートをダイレクトに受けることができました。d&bのフリーランスシステムエンジニアとして中央・南アメリカを担当しているJesus Diaz IñiguezがZuleegとともに来てくれました。これらの両者は豊富な経験を持った丁重な人物で、Jesus氏は元気なスペイン語を巧みに操りながら我々のスタッフをチューニングプロセスに参加させてくれました。」オープニング以来、首都のメディアや劇場の観客からは頻繁にこの変化についての感想が寄せられています。「誰もが非常に満足している。インターナショナル・サウンド社が完璧なソリューションを提供してくれました。これまでにも人々から愛されてきた同劇場のナチュラルなサウンドをより素晴らしいものとしてくれたのがこのシステムです。」とLicenciado Ramon Rodriguez氏はまとめています。 写真提供 (内装) © Robert Lerich | dreamtime.com

類似の導入事例

劇場&オペラハウス

グダニスクをめぐる騒動と柔軟な新シアター

20年以上にもおよぶ取り組みと3年間の建設期間を経て、昨年、グダニスク・シェークスピア・シアターがついにオープンしました。ここは非常にユニークな劇場です。約40年前に建てられたポーランド初の演劇場というだけでなく、ここではエリザベス朝の本格的体験を再現する最新のデザインとテクノロジーが駆使されているのです。
続きを読む
劇場&オペラハウス

Y-Seriesがガイエティーシアターのダブリンへのカムバックを実現

アイルランド、ダブリンのサウスキングストリートにあるガイエティーシアターはこの街で最も古く、絶え間なく公演が続けられている劇場です。1871年11月のオープン以来、ミュージカルショー、オペラ、バレエ、ダンス、演劇等、様々な用途に使用され、ダブリンの観客たちを楽しませています。1971年にはユーロビジョン・ソング・コンテストもここで開催されました。2000年以降、オーナーは700万ユーロ以上を投じ、この豪華な劇場の改修を行なってきました。
続きを読む
劇場&オペラハウス

多くのニーズをマッチング、d&bがJoe's Pubへ進出

ニューヨークシティのパブリック・シアターは1950年のオープニング以来、文化とコミュニティのシンボルとなっています。長年にわたって数多くのパフォーマンスが上演されてきたこのシアターは、芸術家と観衆の両方を育てるという役割を担っています。ヘアーの世界初上演から毎年行なわれ、人々に愛され続けているセントラルパークでのシェイクスピア無料公演にいたるまで、パブリック・シアターはそのミッションを達成するための新しい、クリエイティブな機会を常に探し求めています。
続きを読む
劇場&オペラハウス

d&bとモントリオールのテアトル・デュ・リドー・ヴェールが新たなミレニアムに歴史を刻むわずか

426座席という小さなテアトル・デュ・リドー・ヴェールですが、ここは、モントリオールに欠かせない文化的景観となっています。
続きを読む
劇場&オペラハウス

Singapore Singsがd&bとともにEsplanadeに登場

近代的で、間違いなく印象的なEsplanade、Theatres on the Bayアートセンターは、目がくらむような会場だ。コンサートホール、リサイタルスタジオ、シアタースタジオ、そしてもちろん劇場・・・。贅沢な赤いベロアのカーテン、3つのU字のバルコニーなど、同劇場はシンガポールでも最大級の舞台を誇っているとともに、客席はほぼ2000席あるにも関わらず、観客にはくつろげる環境を提供できる空間設計となっている。 Esplanadeのサウンド部門でテクニカルマネージャーを務めるRobin...
続きを読む
類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る