Soundscapeがコメディ・ドゥ・ジュネーブの新しい創造上の可能性に貢献。

1/2
2/2

コメディ・ドゥ・ジュネーブ劇場は、プレンパレ地区にて1世紀以上を経た今、現代的な116 メートルの複合施設に移転しました。そのメイン・パフォーマンス・ホールである大ホールでは、この劇場で催される定評あるスポークン・ワード分野のプログラムのために音響が最適化されています。国内外の公演が催される著名なこの劇場は、ACRpro SA社によって新しく導入されたSoundscape対応の360°スピーカーセットアップを用いることで、音響チームがオブジェクトベース・ミキシングやイマーシブ・サウンドデザインといった新しい創造上の可能性を実装できるようになった。

シャルル・ミュゲル氏はコメディ・ドゥ・ジュネーブ劇場を管理する3人のサウンドエンジニアのうちの1人ですが、プレンパレ地区時代から常駐していたのは彼1人だけです。「新しい建物には2つの劇場が入っているので、公演の数が倍になりました」とミュゲル氏は語ります。「加えて、新しい建物の音響はプレンパレのものとは全く異なります。メインの劇場では、音響は白紙のようなもので、好きなように音を描き込めます。こうした解釈の劇場では、サウンドデザインに関して大きな自由が得られるので、とても満足しています」

ミュゲル氏はその以前にSoundscapeの使用経験はありませんでしたが、d&bスイス代理店である2M Audio社の Soundscapeデモルームでのデモプレゼンテーションと技術を深堀りしたリスニングセッションのおかげで、この技術に既に親しんでいました。

それまでは、劇場で自分のサウンドデザインの可能性を広げるためにさまざまな方法を試していましたが、今では、Soundscapeシステムを利用することで、驚くほど簡単に、イメージをアクションに移すことができるようになりました。コメディ・ドゥ・ジュネーブ劇場 サウンドエンジニア シャルル・ミュゲル氏

「劇場に従事するサウンドエンジニアは時とともに、色々なコツや要領を習びます。個人的には、様々なラウドスピーカーの位置で繰り返し実験してみるのがいつも楽しかったですね」とミュゲル氏は続けます。

私にとって、Soundscapeは夢が叶ったようなものです。私のすべてのニーズを満たす、長い間待ち望んでいた実践的なソリューションです。Soundscapeを利用すると、技術的な実装が最重要課題とはならず、芸術的な側面だけに集中できるようになります。シャルル・ミュゲル氏

このシステムは数多くの創造的および技術的なメリットをもたらすとミュゲル氏は言います。「それぞれの座席がどこにあるかに関係なく、観客全員がステージ上の演者の位置を可能な限り正しく認識しながら、優れたサウンドを楽しんでほしいと思っています。この点で、Soundscapeは本当に革新的です。観客はもはやマイクやラウドスピーカーに耳を傾けるのではなく、彼らが見ているものに直接対応する極めて自然なサウンドを知覚するのです。そして透明性が極めて高いので、イコライザーの各チャンネルをしょっちゅう調整する必要がなくなりました。

さらに、イマーシブ・サウンドを通じて、リスナーを聴覚的にイベントに引き込むことができるようになりました。これまではこうしたサウンドは、複雑なラウドスピーカー・セットアップ、複雑な信号の相互接続、そして様々なリバーブによる増強がなければ実現不可能でした。シャルル・ミュゲル氏

「このシステムは信じられないほど柔軟性があります」とミュゲル氏の同僚であるベンジャミン・ヴィク氏は認め、Soundscapeのスケーラビリティと創造上の自由を強調します。「個人的には、DS100を従来のマトリックスとして、またオブジェクト配置ツールのEn-Scene(エン・シーン)と一緒に使用できる点が気に入っています。客演のプロダクションが特殊効果スピーカーを要求する場合など、必要に応じて既存のラウドスピーカー・セットアップを劇場内で簡単に拡張できます」

もう1人のサウンドエンジニアであるベノワ・サイエ氏も、En-Sceneのメリットと、ステージ上の演者を定位する利点を強調しています。「Soundscape の開発者は明らかにユーザーのニーズを認識していますね」と、サイエ氏は、12人の参加者がステージに座ったパネルディスカッションイベントを思い出して語ります。「各スピーカーにオブジェクトを割り当てたのですが、非常にうまく機能しました。また、35本のオープンマイクを使用したアコースティック楽器のコンサートでは、サウンドシステムは、ステージ上の音源レイアウトを完全に再現してくれました」 

しかしながら、ヴィク氏が指摘するように、Soundscapeとその機能に慣れるには、いくらかの適応が必要でした。「私の意見では、Soundscapeではまず少し自分の考え方を変える必要がありますが、これは幸いなことに、スピーカーの存在を完全に忘れるという局面につながります」

まず、聴き方を新しい可能性に適応させないといけません。個人的な感想をあげると、全体的に秀逸なサウンドの生成にラウドスピーカーがどれだけ貢献しているかを実感したのは、コンサートのリハーサル中にミュートスイッチを押す段階になってからでしたが、その瞬間には目からうろこが落ちるような気持ちになりました。コメディ・ドゥ・ジュネーブ劇場のサウンドエンジニア ベンジャミン・ヴィク氏

新しい建物でSoundscapeを利用するコメディ・ドゥ・ジュネーブ劇場は、インハウスであれ客演であれ、劇場エキスパートのあらゆるニーズを満たすことができるようになりました。

このサイトをシェア

類似の導入事例

劇場&オペラハウス

ベトナム初のd&b Soundscapeシステムの導入 - ハノイのフレンドシップ・シアター。

ハノイのフレンドシップ・シアターは2022年下旬、ベトナムのパフォーミング・アーツの劇場としては初めてd&b Soundscapeシステムを導入しました。ハノイ中心部に位置する、ブルータリズム様式のフレンドシップ・カルチュラル・パレス内にあるこの劇場は、街の重要な歴史的ランドマークの一つであり、クラシック、ダンス、その他の文化的パフォーマンスなど、多岐にわたる国内外の作品の舞台となっています。メインスペースは、2階建て1100席の大ホールです。
続きを読む
劇場&オペラハウス

日本のNAQUYOアンビエントアーティストがd&b Soundscapeを駆使し、京都へのイマーシブ「タイムワープ」を実現。

12月に京都のロームシアターで行われたイマーシブオーディオパフォーマンスの中核となるサウンドシステムにd&b Soundscapeテクノロジーとd&b T10ラウドスピーカーが運用され、NAQUYOサウンドアーティストグループによる作品制作の基盤を提供しました。
続きを読む
劇場&オペラハウス

スウェーデンの伝統あるマルメ歌劇場が、精確な音響、卓越したカバレージとコントロールを求めd&b Soundscapeを導入。

スウェーデンの歴史あるマルメ歌劇場は唯一無二のパフォーマンスセンターになることを目指し、精確な音響、音質、卓越したカバレージとコントロールを約束するd&b Soundscapeを導入しました。
続きを読む
劇場&オペラハウス

『セールスマンの死』に新しい息吹を与えたd&b Soundscape。

劇場分野で画期的な発展を見せ続けるd&b Soundscapeが、今回ロンドンのウエストエンドで『セールスマンの死』に新しい息吹を与えました。
続きを読む
劇場&オペラハウス

d&b Soundscapeで喝采を浴びた『くるみ割り人形』

『くるみ割り人形』は、子供の空想の世界におもちゃやお菓子が生き生きと踊りながら登場するというシンプルなストーリー構成はでありながら、バレエ界、そしてバレエファンに長年愛され続けてきた定番です。全てのおとぎ話同様、このE.T.A.ホフマンの名作『くるみ割り人形とねずみの王様』は、勇気は報われる、残酷さは何もいいことをもたらさない、と言った道徳観を子供たちに伝えてくれます。
続きを読む
類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る