Yサブウーファー

Yi-SUBサブウーファー 前面
Y-SUB サブウーファー 前面ラインアレイ
Y-SUB サブウーファー 前面ラインアレイ
Y-SUB サブウーファー 背面ラインアレイ

Yサブウーファー

サブウーファー

吊上げ可能ハイパフォーマンスカーディオイドサブウーファー

  • コンポーネント  18"/12"
  • 指向性 カーディオイド
  • SPLmax 134 dB
  • 質量 52 kg /115 lb

製品説明

Y-SUBは、単独のアンプチャネルでアクティブ駆動されるカーディオイドサブウーファーです。ここでは、2台のネオジウム磁性体を使用したピストンモーションの長いドライバーがカーディオイドセットアップに統合されています。バスレフチャンバー内の18インチドライバーは前方向き、2つのバンドパスチャンバー内の12インチドライバーは後方向きで搭載されています。このレイアウトにより生み出されるカーディオイド指向パターンは、システムの背後の不要なエネルギーを回避し、それにより低周波数での残響を大幅に減少し低周波数再生の精度を最大にします。Y-SUBは3点リギングハードウェアを装備し、Yサブウーファーのみで構成されるコラム、またはYアレイのトップとして吊上げることも、グランドスタックとして設置することも可能です。ラウドスピーカーキャビネットは、船舶用合板製で耐衝撃・耐天候仕上げ(ポリウレアキャビネット保護)が施されています。ラウドスピーカーキャビネットの前面は、音響透過性のある発泡フォームを裏側に貼りつけた頑丈なメタルグリルで保護されています。側面パネルには二つのハンドルが、背面にはキャスターが4個取り付けられています。プロテクションカバーとして、サブウーファー前面用リッドもオプションとしてご用意しています。

アンプ

Y-SUBにはD80アンプが推奨されています。D20、10D、30D、D6もご使用頂けます。

建築仕様

建築仕様書に要求されるd&bシステム、特定のd&bシリーズの主な技術仕様はこちらからダウンロードできます。

システムデータ
周波数特性(-5 dB スタンダード)
39 Hz - 140 Hz
周波数特性(–5 dB 100 Hzモード)
39 Hz - 110 Hz
最大音圧レベル(1 m、無響音場)1
D6/10Dと使用した場合
D20/30Dと使用した場合
D80と使用した場合

128 dB
131 dB
134 dB
ラウドスピーカーデータ
設定
吊上げ可能ハイパフォーマンスカーディオイドサブウーファー
公称インピーダンス
8 Ω
許容入力 (RMS/ピーク 10 ms)
600/2400 W
スプレイアングル設定
0° および 2.5°
コンポーネント
1 x 18インチドライバー(ネオジム磁性)
1 xスロート径12インチドライバー(ネオジム磁性)
コネクター
2 x NLT4 F/M
2 x NL4 または 2 x EP5(オプション)
寸法 / 質量
寸法(高 x 幅 x 奥行き)
500 x 630 x 700 / 804 mm
19.7 x 24.8 x 27.6 / 31.6"
重量
52 kg
115 lb

1 最大出力音圧レベルピークテスト信号:ピンクノイズ、クレストファクタ4

De-rigging tutorial. V-SUB and V8, V12 or Y-SUB and Y8, Y12

1/4 – De-rigging tutorial. V-SUB and V8, V12 or Y-SUB and Y8, Y12

De-rigging tutorial. V-SUB or Y-SUB

2/4 – De-rigging tutorial. V-SUB or Y-SUB

Rigging tutorial. V-SUB and V8, V12 or Y-SUB and Y8, Y12

3/4 – Rigging tutorial. V-SUB and V8, V12 or Y-SUB and Y8, Y12

Rigging tutorial. V-SUB or Y-SUB

4/4 – Rigging tutorial. V-SUB or Y-SUB

類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る
あなたの国での販売連絡先をお探しですか?販売店を探す