Y12 ラウドスピーカー

Y12ラウドスピーカー 前面
Y12ラウドスピーカー 前面 ラインアレイ
Y12ラウドスピーカー 側面 ラインアレイ+ツーリングケース
Y12ラウドスピーカー 前面 ラインアレイ+ツーリングケース

Y12 ラウドスピーカー

ラインアレイ

ハイパフォーマンス 2ウェイパッシブ ラインアレイラウドスピーカー

  • コンポーネント 2 x 8"/1.4"
  • 公称指向角度 120°
  • SPLmax 139 dB
  • 質量 20 kg /44 lb

製品説明

このコンパクトY12 ラインアレイラウドスピーカーは垂直コラムとしての利用を目的として設計されました。2台の8インチドライバーを双極状に配置し,中央に1.4インチコンプレッションドライバーとウェーブトランスフォーマーを配置した2ウェイパッシブデザインとなっています。この洗練されたホーン設計と進化したバスレフポート設計が、拡張されたLFアウトプットと全帯域再生を実現します。この高性能ラインアレイモジュールなら水平指向性120°を500 Hzまでしっかりと維持することができます。機械的および音響的デザインにより、垂直スプレイ角度を1°刻みで0°から14°の範囲で、最大24個のスピーカーの垂直アレイを可能としています。Y12ラウドスピーカーのみのコラムで使用することはもちろん、Y8および/Y-SUBと組み合わせることも可能です。ラウドスピーカーキャビネットは船舶用合板製で、耐衝撃・耐候PCP仕上げ(ポリウレアキャビネット保護)が施されています。ラウドスピーカーキャビネットの前面は、音響透過性のある発泡フォームを裏側に貼りつけた頑丈なメタルグリルで保護されています。両側のパネルにはハンドルが1個ずつ、後方には2個のグリップが装備されています。3点リギングシステムはエンクロージャーに組み込まれています。

アンプ

Y12にはD80アンプが推奨されています。D20、10D、30D、D6もご使用頂けます。

建築仕様

建築仕様書に要求されるd&bシステム、特定のd&bシリーズの主な技術仕様はこちらからダウンロードできます。

システムデータ
周波数特性(-5 dB スタンダード)
54 Hz - 19 kHz
周波数特性(–5 dB CUT モード)
100 Hz - 19 kHz
最大音圧レベル(1 m、無響音場)1
D6/10Dと使用した場合
D20/30Dと使用した場合
D80と使用した場合

134 dB
137 dB
139 dB
ラウドスピーカーデータ
設定
ハイパフォーマンス2ウェイパッシブラインアレイラウドスピーカー
公称インピーダンス
8 Ω
許容入力 (RMS/ピーク 10 ms)
400/1600 W
公称指向角度(水平)
120°
スプレイアングル設定
0° - 14° (1°刻み)
コンポーネント
2 X 8インチドライバー(ネオジム磁性体)
スロート径1.4インチコンプレッションドライバー
パッシブクロスオーバーネットワーク
コネクター
2 x NLT4 F/M
2 x NL4 または 2 x EP5(オプション)
寸法 / 質量
寸法(高 x 幅 x 奥行き)
257 x 630 x 375 mm
10 x 24.8 x 14.8"
重量
20 kg
44 lb

1 最大出力音圧レベルピークテスト信号:ピンクノイズ、クレストファクタ4

De-rigging tutorial. V-SUB and V8, V12 or Y-SUB and Y8, Y12

1/4 – De-rigging tutorial. V-SUB and V8, V12 or Y-SUB and Y8, Y12

De-rigging tutorial. V8, V12 or Y8, Y12

2/4 – De-rigging tutorial. V8, V12 or Y8, Y12

Rigging tutorial. V-SUB and V8, V12 or Y-SUB and Y8, Y12

3/4 – Rigging tutorial. V-SUB and V8, V12 or Y-SUB and Y8, Y12

Rigging tutorial. V8, V12 or Y8, Y12

4/4 – Rigging tutorial. V8, V12 or Y8, Y12

類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る
あなたの国での販売連絡先をお探しですか?販売店を探す