10Dアンプ

10Dアンプ 等角図
10D前面外観
10Dアンプ背面

10Dアンプ

常設用4チャネルアンプ

  • 最大出力 4Ωに入力して4 x 700 W
  • d&bラウドスピーカーの現行モデル全て、A-Series、J-Series、SL-Series、V-Series、M2、B22-SUBを除く
  • 5つの自由に割り当て可能なGPIO(汎用入出力)+General Fault

製品説明

2RU サイズの4チャネル・アンプ10Dは、音圧レベル(SPL)への要求があまり高くないアプリケーションへの常設設備として設計されました。インプットチャネル毎の個別ゲイン制御や汎用入出力(GPIO)、General Fault コネクターを備えた入力管理機能を持ちます。入力およびロードモニタリングのようなシステム・ステータス監視機能によって緊急事態にもしっかりと備えています。10Dはd&b 社最新の4チャネル・アンプと同じ DSP プラットフォームを採用し、小型の d&b 社ラウドスピーカーならびにリニア・モード用のコンフィギュレーションを備えています。A-Series、J-Series、SL-Series、V-Series、M2モニター、B22-SUBからなる大規模会場用のアプリケーションや高い SPL 出力を要するシステムには、常設専用アンプ30Dが必要となります。10Dに搭載されたDSP は、ラウドスピーカー・マネジメント機能やオン/オフできるフィルター機能、ユーザーが定義できるイコライゼーションおよびディレイ機能を有します。これにはチャネル毎に個別に適用できるパラメトリック、アシンメトリック、シェルビング、ノッチの各フィルタリングならびに 10 s(= 3440 m/11286 ft)までの信号遅延を提供する 16 バンド・イコライザーが2個含まれます。10Dには OCA(Open Control Architecture)プロトコルを用いてイーサネットで、または RJ45 コネクターを使ってCAN-Busで d&b のリモートネットワークからアクセスすることができます。10Dはブラウザや d&bのリモートコントロールソフトウェアR1を使ってのアクセスを可能にするウェブインターフェイスが内蔵されています。電源やインプット、データ、ミュートの状態を示す LED インジケーターも備えています。10Dに搭載されたLoadMatch機能は使用されるスピーカーケーブルの特性を電気的に補正します。10Dは100 V/127 V/208 V/240 V、(50-60 Hz)の主電源電圧をサポートし、電源供給が弱かったり不安定な場合でも安定したアウトプットを維持することができるアクティブ PFC(Power Factor Correction)機能を備えた、クラスDアンプを内蔵しています。入力および出力には全て ユーロブロック ソケットを採用しています。

イントロダクション動画

入力ルーティング

10Dと30Dアンプはユーロブロックソケットの接続で4つのアナログインプット、2つのインプットを介した4つのデジタルAES/EBUチャネル、別個のアナログ/デジタルリンクを提供しています。デジタルインプットのペアには個別にサンプルレートコンバーター (SRC) が使用されています。各インプットには個別の入力ゲインがあります。つまり、外部ミクシング機器を使用することなく様々なアウトプットレベルの音源を使用することができることになります。8つ全てのインプットは、同時に使用し、まとめられ、4つのアウトプットのいずれかにルーティングすることができます。

システムステータスモニタリング

d&bアンプには、セットアップ方法に応じてシステムをチェック、監視、制御する特別機能が取り込まれています。システムチェックは接続されたラウドスピーカのインピーダンスを測定し、全システムの状態を検証します。システム内の各ドライバーが点検され、各キャビネットをデフォルトのインピーダンス値と比較します。このキャリブレーションにより、各ラウドスピーカが許容範囲内で作動していることを保証し、また、システムコンポーネントに破損を与える可能性がある場合はそれを検出します。インプットモニタリング機能はこのインプットがアウトプットにルーティングされているか否かを問わずパイロット信号を検出します。ロードモニタリング機能はラウドスピーカーの誤動作を検出します。この機能は個々のドライバのステータスを計算し、問題を検出するために負荷インピーダンスを自動的にチェックします。

GPIOおよびGeneral Fault コンタクト

d&b常設タイプアンプでは汎用入出力(GPIO)用とGeneral Fault コンタクト用に別々のユーロブロックコネクターが使われています。GPIOコネクターはインプットまたはアウトプットとして設定できる追加的なデジタルコントロールラインを供給する5ピン式です。これにより、10Dおよび30Dアンプ内での特定の機能性を制御するために外部機器を使用できるようになります。GPIOは機器の通電、個別/全チャネルのミュート、AmpPreset の変更したり、主電源電圧点検、通電、またはチャネルステータス確認を行えるよう設定することができます。一般的なデバイスエラーを遠隔表示できるように、別個のFault Contactをご利用いただけます。

統合型ウェブインターフェース

D20、D80、10D、30Dアンプでは、個別アンプをスタンダードウェブブラウザで制御できる統合ウェブインターフェースをご利用頂けます。小規模なアプリケーションなら、R1リモートコントロールソフトウェアファイルを作成することなく、これを利用し各機器を直接コントロールすることができます。アンプとコンピューターはイーサネットネットワークを介して接続されていなければなりません。d&bアンプはWifiアクセスポイントを利用し、携帯機器でコントロールすることができます。

プロジェクト詳細計画用設置仕様書

設置仕様書をお求めですか?d&bシステムまたは特定のd&bシリーズの設置仕様書?主な技術仕様はこちらからダウンロード。

デジタル信号プロセッシング
イコライザー
2×16バンドPEQ/ノッチ/シェルビング/アシンメトリック
レイテンシー アナログ/デジタルインプット
遅延時間は非常に短い0.3 msに抑えています。
ディレイ設定
遅延時間は非常に短い0.3 msに抑えています。- 10秒
設定
現行のd&b ラウドスピーカー(SL-Series、J-Series、V-Series、B2-SUB、M2 モニターを除く)ならびにリニア・モード
機能スイッチ
d&b ラウドスピーカー 専用回路
周波数発生器
ピンクノイズまたは正弦波 10 Hz - 20 kHz
SRC(サンプリングレートコンバーター)
AES 1/2および3/4に選択可能
サンプリングレート
96 kHz/27 Bビットit ADC/24 ビットDAC
御とインジケーター
電力
主電源スイッチ(リアパネル)
ISP、GR、OVL A/B
LED 表示
接続
入力アナログ (A1 - A4)
3ピンPhoenixユーロブロック、オス
アナログLINK (A1 - A4)
3ピンPhoenixユーロブロック、オス
入力デジタル (D1/2、D3/4)
3ピンPhoenixユーロブロック、オス、AES3
デジタルリンク(出力)
3ピンPhoenixユーロブロック、オス
サンプリング デジタル AES/EBU
48 kHz/96 kHz
スピーカー出力 A/B/C/D
2 x 4ピン Phoenixユーロブロック、メス
サンプリングレート
48/96 kHz / 2 Ch/n
Mix TOP/SUB / 2ウェイアクティブアウトプット A/B & C/D
2 x 4ピン Phoenixユーロブロック、メス
GPIO(汎用インプット・アウトプット)
1 x 6ピン Phoenixユーロブロック、オス
CAN
2 x RJ 45 パラレル
イーサネット
2 x RJ 45、10/100 Mbit イーサネット
電源コネクター
powerCON®
一般エラー
1 x 3ピン Phoenixユーロブロック、オス
Data (linear setting with subsonic filter)
チャネル毎の最大出力 (THD+N < 0.5%、全チャンネルを駆動)
CF = 6 dB 、 4 / 8 Ω
CF = 12 dB 、 4 / 8 Ω


4 x 700/350 W
4 x 700/350 W
S/N 比(無補正、RMS)
アナログインプット
デジタルインプット

> 101 dBr
> 103 dBr
電源
種類
アクティブ力率補正 (PFC) が装備されたユニバーサルレンジ スイッチモード電源
定格主電源電圧
100 – 240 V、50 – 60 Hz
寸法 / 質量
寸法(高 x 幅 x 奥行き)
2 RU x 19" x 435 mm/17.1"
重量
10.6 kg / 23.4 lb
10D, 30D amplifiers tutorial. 1. Overview

1/5 – 10D, 30D amplifiers tutorial. 1. Overview

10D, 30D amplifiers tutorial. 2. Initial device setup

2/5 – 10D, 30D amplifiers tutorial. 2. Initial device setup

10D, 30D amplifiers tutorial. 3. GPIO

3/5 – 10D, 30D amplifiers tutorial. 3. GPIO

10D, 30D amplifiers tutorial. 4. Input management

4/5 – 10D, 30D amplifiers tutorial. 4. Input management

10D and 30D installation amplifiers. The story behind

5/5 – 10D and 30D installation amplifiers. The story behind

類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る
あなたの国での販売連絡先をお探しですか?販売店を探す