スターバト・マーテルのニューサウンド.

1/3
2/3
3/3

Mike Clark著。初回発表は2018年9月のLSiの記事。

作曲家Gioachino Rossiniの死去150周年を記念して今年世界中で開催された無数のイベントのうち、技術的な観点から見て最も類稀なものの1つは、偉大な巨匠のゆかりの地であるボローニャで開催されたものでした。アルキジンナジオ館ではMichele Mariottiの指揮のもと非常に象徴的なコンサートが行われ、そこでは、Rossiniの「スターバト・マーテル」の演奏がフィーチャーされました。会場となったホールは、これに似つかわしい名がついたターバト・マーテルの間でした。以前はボローニャ大学の本館であったアルキジンナジオ館は1842年3月に、Gaetano Donizettiの指揮のもと、同作品のイタリアでの初披露の舞台となりました。

観客からの熱い要望にもかかわらず、このペーザロ生まれの作曲家は最初の2晩は神経過敏のために出席しなかったので、その後DonizettiはRossiniをアルキジンナジオ館での3回目のコンサートに出席させなければならないと訴えました。現代に戻りましょう。その小さな部屋では、20人編成のオーケストラ、コーラス隊、4人のソリストが演奏して、同時に聴衆を収容することができなかったので、コンサートは、d&b audiotechnikのSoundscapeシステムのオーディオ再生を用いて、ボローニャのTeatro Comunaleのシネマスクリーンで生中継されました。これは170年以上前のRossiniの作品のように、この会場でのイタリア公式デビューとなりました。

イタリアのBH Audioは2013年以来、あるプラットフォームの重要なベータテストの実施を委任されたd&bのメインパートナーの1つでした。このプラットフォームは結局Soundscapeとなりました。今年2月にアムステルダムのISEで正式にローンチされたSoundscapeでは、d&bラウドスピーカーシステムと最新の処理能力、オブジェクトベースのミキシング、洗練されたルームエミュレーションが巧みに組み合わされており、自然で調和のとれた、聴衆を包み込むようなリスニング体験をオーディエンスに届けることが可能です。B&Hのシステムで実施されたベータテストは、Pala de André屋内アリーナで行われたRavenna Festivalの多数のイベントで行われました。そこに登場したアーティストには、Yo-Yo Ma、Enrico Rava、Ute Lemperなどのアーティスト、またはサンクト・ペテルブルク・フィルハーモニー、ミュンヘン・フィルハーモニー、ブダペスト・フェスティバル・オーケストラ、ハンブルグ・フィルハーモニー、フィレンツェのマッジオ・ムジカーレといった名高いオーケストラが挙げられます。フェスティバルの伝統である、Alighieri劇場で行われたAutumn Opera Trilogyでもテストが実行されました。これは、控えめに言っても、厳しいテストグランドでした。     BH Audio MDのMassimo Carli氏はテストプロセスについて以下のように説明します。「まずは、1つのサウンドスケープ“machine”しかありませんでした。私たちはこれを、いくつかのイベントに利用していました(クラフトワークの3Dコンサートで同じものが使用された。2017年10月のLSiを参照)。初年のテストの後、d&bは私たちにmachineを提供し、私たちはこれを2年前まで保有していましたが、これはソフトウェアにするために定期的にアップグレードされました。それから他のものも提供されました。現在のDS100プロセッサーに似ていますが、まだプロトタイプでした。 d&bは技術サポートを提供してくれました。特に最初の1年間は開発者の1人、Felix Einsiedelがセットアップ中に緊密に私と協力してくれました。

BHチームがスターバト・マーテルの間で配置した機材は以下の通りです:Lawo Compact I / Oステージボックス(32マイク・イン + 16チャンネルAES EBUイン)1台、Studer D19(それぞれ8チャンネルのAD / AES-EBUコンバーター付きマイクプリアンプを搭載)2台 、マルチバーター(イベントレコーディング用のMadi - Ravenna AES67)1台、Cisco Series 300管理のスイッチ1台、マルチトラック録画用のRavenna Mergingドライバを搭載したMacBook Pro2台、ステージボックスとLepida光ファイバ接続キャビネットを接続するLC / LCマルチモード・ファイバケーブル4本(そこから1キロ離れた劇場のキャビネットとの接続)。Lepidaはボローニャを拠点とした会社で、ファイバーケーブル・ネットワークインフラを使用して通信インフラおよびテレマティクス・サービスをプラニング、設計、開発、実現、構成、実行しています。

1/3
2/3
3/3

マイクロフォンに関して言うと、20人のオーケストラメンバーにはDPA 4023小型カーディオイド・マイクロフォン とSchoeps CCM4、CCM5、MK4を使用し、コーラスにはノイマンKM140を8台、4人のソロ歌手にはSchoeps MK21を使用しました。一方、アンビエントマイクとしてDPA 4090を2本使用しました。劇場のBibbienaホールに設置されたFOHのセットアップは、Lawomc²36コンソール、En-SceneとEn-Spaceソフトウェアを搭載した2つのd&b audiotechnik DS100 Soundscapeユニット、3つのDS10(Dante / AES67~AES-EBU) コンバーターおよび3つのCiscoシリーズ300管理のスイッチから構成されます。大スクリーン後方のd&b audiotechnikメインシステムは、アレイ処理を備えた8台のT10と、サブアレイ設定された8台の床設置Y-SUBを搭載する4つのクラスターから構成されていました。さらに8台のT10がフロントフィル・コーラスのフロアに置かれました。En-Space環境は、観客の周囲に設置された16台の8Sによって再現され、2番目のボックスに設置されました。そしてシステムに電力を供給するために、BH Audioは、10D(フロントフィルおよびEn-Spaceスピーカー)の24チャンネルとD80の32チャンネル(メインスクリーン機材用)をフィールドしました。Soundscapeの心臓部には、Audinate Danteネットワーキングを備えた高性能オーディオプロセッサーであるDS100 Signal Engineと、広範な入出力処理を備えた強力な64 x 64レベルおよびディレイ・マトリクスがあります。サウンドデザイナーたちは、2つのオプション・ソフトウェア・モジュール(最大64の“サウンドオブジェクト”を個別に配置し、置き換えることができるEn-Scene、ならびにEn-Spaceルームエミュレーション・ツール)を介して、すべてのSoundscapeの機能にアクセスできます。

「オーディエンスは音源の位置(ステージの上下左右)を“実際に”認識するので、システムが動作しているところを実際に聞いたことがない人にとっては、ステージ上の本物のオーケストラを聴いているかのように感じられます」とCarliは説明します。「BHや他のパートナーとの5年間にわたる開発と現場での綿密なテストの結果、在Backnangのd&b研究開発チームが自問した問題への答えは結局、Soundscapeからもたらされました。「ステレオオーディオによる選択的なリスニングではなく、どのようにして観客全員に同じように自然で本物のリスニング体験を提供できるだろう?」「要するに、“リスナーのための民主主義”というd&bの信念が再表明されているだけでなく、最近とりわけショービジネスで過度に使用されている“没入型”という形容詞の完璧な実演となっているのです。

ボローニャでのイベントの後、Carliは夢中になりました。「事前にスターバト・マーテルの間と劇場の間のセットアップをしっかりとシミュレートし、データの“ドロップ”をランダムにチェックして、必要なテスト、特に光ファイバー接続のテストを開始しました。現地でセットアップした時には、すべてが完璧に機能しました」

類似の導入事例

劇場&オペラハウス

d&b Soundscapeで喝采を浴びた『くるみ割り人形』

『くるみ割り人形』は、子供の空想の世界におもちゃやお菓子が生き生きと踊りながら登場するというシンプルなストーリー構成はでありながら、バレエ界、そしてバレエファンに長年愛され続けてきた定番です。全てのおとぎ話同様、このE.T.A.ホフマンの名作『くるみ割り人形とねずみの王様』は、勇気は報われる、残酷さは何もいいことをもたらさない、と言った道徳観を子供たちに伝えてくれます。
続きを読む
劇場&オペラハウス

d&b Soundscapeが空間にちりばめたフィラデルフィア・ボイスのサウンド.

350名の歌声とフル・オーケストラが響き渡るコンサートホールでも、d&b SoundscapeのEn-Scene ソフトウェアモジュールを使えば、大きな合唱団の中から一人の歌声だけにスポットライトを当てることができます。
続きを読む
劇場&オペラハウス

グダニスクをめぐる騒動と柔軟な新シアター

20年以上にもおよぶ取り組みと3年間の建設期間を経て、昨年、グダニスク・シェークスピア・シアターがついにオープンしました。ここは非常にユニークな劇場です。約40年前に建てられたポーランド初の演劇場というだけでなく、ここではエリザベス朝の本格的体験を再現する最新のデザインとテクノロジーが駆使されているのです。
続きを読む
劇場&オペラハウス

Y-Seriesがガイエティーシアターのダブリンへのカムバックを実現

アイルランド、ダブリンのサウスキングストリートにあるガイエティーシアターはこの街で最も古く、絶え間なく公演が続けられている劇場です。1871年11月のオープン以来、ミュージカルショー、オペラ、バレエ、ダンス、演劇等、様々な用途に使用され、ダブリンの観客たちを楽しませています。1971年にはユーロビジョン・ソング・コンテストもここで開催されました。2000年以降、オーナーは700万ユーロ以上を投じ、この豪華な劇場の改修を行なってきました。
続きを読む
劇場&オペラハウス

ジェームス・ボンドじゃないけれど。振って混ぜて。 - ニカラグア国立劇場ニカラグアの首

都マナグアに打撃を与えた1972年の地震を生き延びた国立劇場。この地震以来、穏やかな年月を送ってきたこの劇場が今回、現代的技術をもってリニューアルされました。
続きを読む
類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る