Scouting for Girlsのためのd&b混成システム。

1/3
2/3
3/3

イージーリスニング音楽専門の放送局でヘビーローテーションされたバンド、Scouting for GirlsはUK各所のホールに熱狂的な女の子のファンを集めたことで彼らのポップス音楽の人気を裏付けました。最近行われた彼らのツアーは、3000人クラスの会場で行える人気を博していますが、大型のライブハウスや各町のホールといったような様々な場所で行われました。 バンドのサウンドエンジニアChris Ekers氏は公演日程表を手にした時にすぐシステムの選択が非常に大切であることに気がついたそうです。「私はd&b audiotechnikのJ-Seriesを凄く使いたかったのですが、各会場を考えた時に適していないと直ぐに考え直しました。」Ekers氏は、劇場やスペシャルイベント、ロックバンドの仕事など幅広いキャリアを持つサウンドエンジニアです。「恐らく最近の物の中では少ない台数でいけると思っていたので、J-Seriesシステムどうしても使ってみたかったのです。」今のバンドの売れ行きをみると、恐らく次のツアーでは使えることでしょう。「Jに変えて選んだのがd&Seriesです。これらは非常に柔軟性があるため今回のように様々な会場で使用することに非常に適しています。Dobsonサウンド社はシステムを供給するだけでなく私を期待以上に良くサポートしてくれました。」Ekers氏が使用したコンソールD5及びアウトボード機器も全てDobson社が供給しました。 「私がしなくてはいけない主な目的は、観客にとって良いライブ経験にしてあげることです。客層を占めるティーンエイジャー達は歌うことが大好きで、その歌声は歌うというレベルを超えて叫ぶという方が近いかもしれません、そのため頻繁にハウス位置で110 dBに到達しますが、それでもシステムのヘッドルームは全然余裕です。」Ekers氏の使用したシステムはQ1を中心としたPAシステムにB2とJ-SUB、Q-SUBの各種サブウーファーの混成システムにフィル用のQ7を加えたシステムです。「システムテックのMark Isbister氏が特にカバレージの面で素晴らしい仕事をしてくれました。」各サブウーファーシステムには卓のAUXからEQとディレイを使用していたことをEker氏は隠さず話してくれます。「各サブウーファーシステムを同時に動作させるために最大2 ms のディレイを掛けることで周波数の位置合わせをしました。そしてB2は超重低域のみのインフラベースとして使用しました。」Ekers氏はScoutingのファンのために超重低域から高域までの全帯域を作り出し、良い経験となるべく詳細部分までを聴かせるということをしました。 Matt Simmons氏によるモニターミックスはD1で行われました。「誰もまだインイヤーを使うようになっていないので、ステージ全体の音量は抑えられているためバンドへは爆音より明瞭さを優先して返すということが可能になります。このような使用にはd&b M4モニターは理想的なツールとなります。各メンバーにペアのM4を使用しましたが非常に軽く、私でも簡単に吊ることができるほどですが、出てくる音は非常に情報量も多く、かつパワーも絶大です。以前に大きな会場で使用した時でもヘッドルームを使用するまでになったことは一度もありません。音量に関して譲歩しなくてはいけない唯一の事項がサイドフィルです。ミュージシャンやスタジオテクニシャンのために全てのミックスにリバーブやディレイ等を加えています。そのためステージ上のメンバーは音楽に没頭しながらも客席との一体感を感じることができるようになっています。Q7と2台のQ-SUBによるサイドフィルは、私が得たいものを全て実現してくれます。物理的に大型なサイドフィルではなく、耳を壊すようなレベルを出さずとも素晴らしい再生能力、スムースな特性と有り余るヘッドルームを提供してくれるので、私が得たい音に簡単に到達することができます。」 現在バンドは、各地の夏フェスに出演しています。そして11月からは次のツアーが始まります。

類似の導入事例

ツアー&コンサート

V-Seriesに続きKSLシステムがグラストンベリー・フェスティバルを席巻

ステージサイズも技術的要求も年々スケールアップするイギリスのグラストンベリーフェスティバル。PA会社のスカン社は今回そんなフェスティバルのために、テーム・インパラ、ケミカル・ブラザーズ、クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズを迎える"アザー・ステージ"にd&bのKSLシステムを選択しました。
続きを読む
ツアー&コンサート

ColdplayがVを使用.

Coldplayがこの夏に開催するスタジアムコンサートでは、同バンドが使用している通常のd&b audiotechnik J-Seriesシステムに加えて、特殊用途向けの新型d&b V-Seriesラウドスピーカーが使用される。「プロダクションデザインは舞台のドラムのラインまでさかのぼるほどの座席が販売されたようだった」と同バンドに長年携わっているサウンドエンジニア、Dan Greenを担当したシステムテクニシャン、Tony...
続きを読む
ツアー&コンサート

d&bのV-SeriesをRAH 2012のTCTに.

「d&b audiotechnikが発売した他のラウドスピーカーと同様、新V-Seriesもパンフレットに書かれているとおりのパフォーマンスを収めてくれた。」これは、伝説的となったRoger DaltreyのTeenage Cancer Trust (TCT) がRoyal Albert Hallで行なったコンサートで再び成功を遂げたことを受けて述べたDick Hayes氏(Entec社音響部長)の言葉です。「Entec Sound and...
続きを読む
ツアー&コンサート

d&b loudspeakers in the Labyrinth.

オーディション番組X-factorを勝ち抜いたタレントを、真のライブパフォーマーとして成功させるには、人間と技術を含めたスキルとサポートが要求されます。
続きを読む
ツアー&コンサート

Out of my brain on a train.

The Whoの名作「四重人格」の中でも一際存在感を放つ一曲「5:15」において、Roger Daltreyのパフォーマンスは圧倒的なパワーでリスナーの感情を揺さぶります。
続きを読む
類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る