ラブパレード2007、新しい街で、気持ちよく行われる。

1/9
2/9
3/9
4/9
5/9
6/9
7/9
8/9
9/9

ラブ パレードのピンクのキャンディーを愛する人々は、2年間その欲求を抑えなければなりませんでしたが、 2007年に開催場所をエッセンの繁華街に場所を移し、参加者やお祭り好きがパレードを楽しむため戻ってくる光景が見られました。 パレードは80年代後期から90年代初期にかけて発生したアンダーグラウンドカルチャー、ダンス/レイヴから発生した大衆イベントです。元々は1989年に DJの「Dr. Motte」によって創始され、2005年まで盛り上がりが続きながらベルリンで行われていました。誕生地ベルリンは快楽主義文化を意味する町でしたがその町から比較的気難しい制限のあるルール工業地帯の炭鉱町に場所を移して心が踊るようなパレードになるのでしょうか? パレードの計画は拡張され、100万人以上のファンが巨大パーティー会場を設けたエッセンの町に来訪すると見込まれていました。午後2時から参加者は、2.5キロある巡路をデザインの凝った27台のフロートを動かしながら熱狂的にラブ パレードの行進を開始しました。その時からエッセンの中心地は、音楽に乗りながら大勢の人が流れ込み巨大なエレクトロ ダンス フロアへと化したのです。 Berliner Platzの中央ステージはお祭りの中心となり、Karlsruhe市にある音響専門のCrystal Sound社が全力で仕事をこなしたのがここでした。「エッセン市議会で定められた音響規制を破ることなく、Berliner Platz全体をカバーするのはかなりの挑戦でした。」とLopaの音響デザイナーFrank Vogelsang氏は言いました。Crystal Sound社のプロジェクトスーパーバイザーMichael Rabold氏はさらに明確に語ってくれました。「聴衆エリア全体に渡り、均一かつ正確な音像定位を作り上げる必要がありました。Berliner Platzの境界から約90メートルの近郊住宅地内に騒音の測定基準となる地点がありました。この地点で許可されている音圧レベルの相当量は85dBA(スロー)で、これはFOHポジションでの最大レベル92.6dBAに値しました。」 VogelsangとRaboldの両氏の間で、システムにはd&b Jシリーズを使うことに決めました。そしてこれをできるだけ高く設置すると、住宅地へは最小限の音漏れで食い止めつつ、会場内の参加者に音が最もダイレクト提供できるだろうということでした。そして、カーディオイドのJ-SUBを組み合わせることで、より低い周波数でもコントロールできる音環境を作ることができました。 100台以上のD12アンプはd&b ROPE リモートネットワーク コントロール ソフトを使用して、ディレイとレベルを最大限にコントロールしました。そして、多くのゲストDJによるプログラムでレベルが超えそうな時に迅速に対応できるようにしました。 パレードは成功だったのでしょうか?日が沈む頃には総数120万人のあらゆる年齢層のファンが歩道で寛いだ雰囲気に浸っていました。警察官でさえ「平和なパーティーだった」と語ってくれました。そしてパレードへの苦情もありませんでした。

類似の導入事例

ツアー&コンサート / その他のアプリケーション

波に乗る”ヴァッケン”

自由を象徴させるようなタトゥーを施した人たちに、無限に提供されるビール・・・。泥酔している瞬間、そこは「幸せな船」といえるかもしれません。
続きを読む
ツアー&コンサート

ペダルパワー電力を使ったd&bがパフォーマンスを発揮.

クヴァーケンブリュックは、ドイツ・ニーダーザクセン州にあるハーゼ川のほとりにある小さな田舎街です。ここでは2年に1度、The Artland Bicycle Music Festivalが開催されています。この音楽祭は一風変わっています。ここでは電源が観客の「脚」にかかっているのです。「全く新しい形での観客参加を試みた。」The Artland Country Club Bandのメンバーであり、同音楽祭を支える主催者の一人、Bob...
続きを読む
ツアー&コンサート

農村Wackenが重量級低域に目覚める。

先日ドイツのWackenで行われたWDR(西部ドイツ放送局)主催の有名な音楽イベント「Rockpalast」のレポートが届けられました。このヘビーメタルイベントの観客を乗せた専用列車、その名も「メタルトレイン」はスイスを出発し、ライン渓谷に至るバ
続きを読む
ツアー&コンサート

d&bによる伸ばした三角形の布のサウンド再生。

ミュンヘンオリンピックスタジアムが1974年の開設時には、ピラミッド以来最も素晴らしい建築物の一つとして大変歓迎されました。建築家 Günther Behnisch とエンジニアの Frei Ottoは、オリンピックパークの会場がベドウィン族のテントのように覆うことを計画していました。
続きを読む
ツアー&コンサート

V-Seriesに続きKSLシステムがグラストンベリー・フェスティバルを席巻

ステージサイズも技術的要求も年々スケールアップするイギリスのグラストンベリーフェスティバル。PA会社のスカン社は今回そんなフェスティバルのために、テーム・インパラ、ケミカル・ブラザーズ、クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズを迎える"アザー・ステージ"にd&bのKSLシステムを選択しました。
続きを読む
類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る