ColdplayがVを使用

1/5
2/5
3/5
4/5
5/5

Coldplayがこの夏に開催するスタジアムコンサートでは、同バンドが使用している通常のd&b audiotechnik J-Seriesシステムに加えて、特殊用途向けの新型d&b V-Seriesラウドスピーカーが使用される。「プロダクションデザインは舞台のドラムのラインまでさかのぼるほどの座席が販売されたようだった」と同バンドに長年携わっているサウンドエンジニア、Dan Greenを担当したシステムテクニシャン、Tony Smithは説明する。「このため、舞台の両側に3つ目のPAを吊り、180°の角度をもたせる必要があった。これによって問題が1つ生じた。会場環境に応じ、V-Seriesが横に吊られたメインのJ-Seriesの後ろに隠れたままとなってしまうという事態が生じるのだ。しかしこれらの両システムは実質的には接触している。特に同じタイプのシステムが2つ吊られているとき、ラインアレイのためには、これらの間に距離を置くことが不可欠だ。制限はあるが、著しいコンビネーション効果を得ることができる。Smithは小さいが着実に成長を遂げている熟練家グループの一員であり、ここ数年間の間にコンサートにおける一般的な音響体験のレベルアップに貢献している。彼はシステム性能を真剣に取り上げるのだ。

「私は、JとVをこれほどまでに接近させて使用すると同じような結果が生まれるのではないかと危惧した。書類上でArrayCalcを見た限り、VはJよりも若干狭いパターンを出力することがわかった。そして、吊られた2つのシステムの間では干渉の問題が生じないだろうということがわかった。そしてこれが正しいということがその後明確になった。ArrayCalcで表示されることは、実際の世界にも反映されるのだ。色々なメーカーの製品を扱ってきた経験上、メーカーが提示する情報が必ずしも正しいということはない。」

Smith はまた、非常に大規模なスタジアムにおけるディレイ用としてV-Seriesを吊るなど、若干異論の多い用途にも使用している。「最も離れた高い位置にある座席をカバーするために、スタジアムの天井からリングシステムを吊るという方法をとった。両側にそれぞれ6つのキャビネットを吊った例としてあげられるのが、マンチェスターシティースタジアムだ。JとVの間で生じた変化を上部スタンドの外側、そして180°システム間の距離が相互に短くなるステージ近く、これら両方の位置で聞いたとき、やったと思った。Vでは10インチという小型のドライバーが使用されているという事実から、Jの場合ほどの空気の動きがない。このため、重量はやや軽量となるが、ローミッドからハイにいたるまでのサウンドは不思議なほどにJに似ている。」

ツアーは、9月のヨーロッパにおけるスタジアムツアーを経て、オーストリアとニュージーランドに上陸した。「我々は再びV-Seriesを使う」とSmithは述べています。「ただし、ボックスは非常に珍しくなるほど人気があると聞いている。このシステムは、専用のV-SUBと一緒にシアターツアーにも使用したいとも考えている。ツアーではJ-SUBを使用中だし、これらは大活躍しているが、V-SUBが大きく異なるとは思えない。だからこれも試してみたいんだ。」次にはクライマックスとして、アメリカでのショーが控えている。大晦日にはJay-Zとの共演でBrooklyn Barclay Centerにおけるショーも予定されている。

類似の導入事例

ツアー&コンサート

V-Seriesに続きKSLシステムがグラストンベリー・フェスティバルを席巻

ステージサイズも技術的要求も年々スケールアップするイギリスのグラストンベリーフェスティバル。PA会社のスカン社は今回そんなフェスティバルのために、テーム・インパラ、ケミカル・ブラザーズ、クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズを迎える"アザー・ステージ"にd&bのKSLシステムを選択しました。
続きを読む
ツアー&コンサート

d&bのV-SeriesをRAH 2012のTCTに.

「d&b audiotechnikが発売した他のラウドスピーカーと同様、新V-Seriesもパンフレットに書かれているとおりのパフォーマンスを収めてくれた。」これは、伝説的となったRoger DaltreyのTeenage Cancer Trust (TCT) がRoyal Albert Hallで行なったコンサートで再び成功を遂げたことを受けて述べたDick Hayes氏(Entec社音響部長)の言葉です。「Entec Sound and...
続きを読む
ツアー&コンサート

d&b loudspeakers in the Labyrinth.

オーディション番組X-factorを勝ち抜いたタレントを、真のライブパフォーマーとして成功させるには、人間と技術を含めたスキルとサポートが要求されます。
続きを読む
ツアー&コンサート

Out of my brain on a train.

The Whoの名作「四重人格」の中でも一際存在感を放つ一曲「5:15」において、Roger Daltreyのパフォーマンスは圧倒的なパワーでリスナーの感情を揺さぶります。
続きを読む
ツアー&コンサート

Will 'o' the wisp.

Lily Allenの歌声は例えるならば空気よりも軽く、繊細に宙に浮かんでいるかのように。少女のような歌声はじらすかのように響き渡り、時に粗野なスラングを用いながら、21世紀のイギリスでたくましく生きる女性達を表現します。
続きを読む
類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る