d&bとモントリオールのテアトル・デュ・リドー・ヴェールが新たなミレニアムに歴史を刻むわずか

1/2
2/2

426座席という小さなテアトル・デュ・リドー・ヴェールですが、ここは、モントリオールに欠かせない文化的景観となっています。1949年にオープンしたこの劇場は、カナダで最古の常時フランス語を使用する劇場となっています。ここでテクニカルディレクターを務めるGuy-Alexander Morand氏は、「この劇場で5年間に渡って、30以上の作品を手掛け、非常に充実していました。テアトル・デュ・リドー・ヴェールは有名な女優、イヴェット・ブランダム―ルによって設立されました。彼女はここの目標をアーティストたちに活動の場を提供すること、現地のフランス語による脚本家を支援すること、そして社会の中で芸術に触れる場を万人に提供することとしています。」と述べています。このテアトル・デュ・リドー・ヴェールでは最近1991年以来という大規模な改築工事が実施されました。劇場は、美観的な改装だけでなくサウンドシステムを一掃する等、技術的なリニューアルも行なわれました。Morand氏はさらに、「劇場としての立場から、21世紀に入り、我々の技術的水平線を広げるときが来たということは承知していました。今は、新たな技術を取り入れたことで、我々のショーの中で音響を1つの道具として使いこなせるような方法を模索しているところです。例えば、自動車を運転しているところをリアルに模倣したり、必要に応じて真の静寂というものを取り入れるといったことを実現させたいと思っています。想像を満たして、パフォーマー、スタッフ、そして観客の演劇体験の全てをより向上させることが大切であると考えています。」とも述べています。このように劇場特有のニーズに対応するため、テアトル・デュ・リドー・ヴェールはTrizart Alliance社のMathieu Guilbault氏にシステム設計を依頼しました。Trizart Alliance社はカナダやアメリカを活動の場としながら、1987年から劇場や競技場の設計やショーコンサルタント業務を提供しています。ここで要求されているダイナミックなサウンドを生成するため、Gibault氏は自らのアプローチによってクリエイティブさを増しました。「ホームシアターシステムのように、いたる所からサウンドが来るシステムをリアルな劇場スペースでも取り入れ、かつ簡単に使えることを維持できるものというアプローチを取りました。多くのオーディオ業者ではリギングオプションが既に定義、そして制限されていた。我々のケースではラウドスピーカーを吊り下げるときには顧客仕様のブラケットが必要であり、柔軟性が要求されることから、d&b audiotechnikがこの設計に抜擢されました。」と彼は述べています。テアトル・デュ・リドー・ヴェールの新たなサウンドシステムにはホワイトレンジのxS-Seriesが採用されました。これはd&bが固定設備の常設用として提供している製品です。小さな会場ではありますが、どのショーでも多数の音響キューが必要となることから、このスペースには10S、10S-D、12S-D、5Sラウドスピーカー、18S-SUBを混ぜて設置しています。これによって正確なパターンコントロールが実現しています。多数のアンプチャンネルはバルコニーおよびサラウンドスピーカーを独立してコントロールできるシステムとして使用されています。さらに多数のリギングハードウェアがカスタムパッケージに含まれています。このプロジェクトにシステムインテグレーターとして参加したLe Diplomate社のGilles Cote副社長は、「d&bと一緒に仕事をするのはこれが初めてでした。」と述べています。同社は長年にわたってサウンド・照明機器、そしてビデオ機器のレンタル業務に携わっていますが、販売業務に関してはまだあまり経験がありません。同氏は、「顧客のニーズだけでなく、メーカーであるd&b audiotechnikについてよく勉強することがLe Diplomate社にとっては重要でした。設置、ケーブル敷設、システムの通電テスト、劇場スタッフのトレーニング、そしてシステムの受領検査までには10日というわずかな期間しかありませんでした。d&bカナダ総括マネージャーであるFrancois Corbin、そしてd&bカナダのスタッフの協力を得て、これらの課題の全てを比較的容易に達成し、システムのポテンシャルを最大化させることができたと思います。ここで達成されたサウンドの品質には誰もが満足しています。そしてd&bはテアトル・デュ・リドー・ヴェールにとってベストな投資であったと誰もが喜んでいます。またd&bと一緒に仕事できることを今から心待ちにしています。」と述べています。

類似の導入事例

劇場&オペラハウス

グダニスクをめぐる騒動と柔軟な新シアター

20年以上にもおよぶ取り組みと3年間の建設期間を経て、昨年、グダニスク・シェークスピア・シアターがついにオープンしました。ここは非常にユニークな劇場です。約40年前に建てられたポーランド初の演劇場というだけでなく、ここではエリザベス朝の本格的体験を再現する最新のデザインとテクノロジーが駆使されているのです。
続きを読む
劇場&オペラハウス

Y-Seriesがガイエティーシアターのダブリンへのカムバックを実現

アイルランド、ダブリンのサウスキングストリートにあるガイエティーシアターはこの街で最も古く、絶え間なく公演が続けられている劇場です。1871年11月のオープン以来、ミュージカルショー、オペラ、バレエ、ダンス、演劇等、様々な用途に使用され、ダブリンの観客たちを楽しませています。1971年にはユーロビジョン・ソング・コンテストもここで開催されました。2000年以降、オーナーは700万ユーロ以上を投じ、この豪華な劇場の改修を行なってきました。
続きを読む
劇場&オペラハウス

ジェームス・ボンドじゃないけれど。振って混ぜて。 - ニカラグア国立劇場ニカラグアの首

都マナグアに打撃を与えた1972年の地震を生き延びた国立劇場。この地震以来、穏やかな年月を送ってきたこの劇場が今回、現代的技術をもってリニューアルされました。
続きを読む
劇場&オペラハウス

多くのニーズをマッチング、d&bがJoe's Pubへ進出

ニューヨークシティのパブリック・シアターは1950年のオープニング以来、文化とコミュニティのシンボルとなっています。長年にわたって数多くのパフォーマンスが上演されてきたこのシアターは、芸術家と観衆の両方を育てるという役割を担っています。ヘアーの世界初上演から毎年行なわれ、人々に愛され続けているセントラルパークでのシェイクスピア無料公演にいたるまで、パブリック・シアターはそのミッションを達成するための新しい、クリエイティブな機会を常に探し求めています。
続きを読む
劇場&オペラハウス

Singapore Singsがd&bとともにEsplanadeに登場

近代的で、間違いなく印象的なEsplanade、Theatres on the Bayアートセンターは、目がくらむような会場だ。コンサートホール、リサイタルスタジオ、シアタースタジオ、そしてもちろん劇場・・・。贅沢な赤いベロアのカーテン、3つのU字のバルコニーなど、同劇場はシンガポールでも最大級の舞台を誇っているとともに、客席はほぼ2000席あるにも関わらず、観客にはくつろげる環境を提供できる空間設計となっている。 Esplanadeのサウンド部門でテクニカルマネージャーを務めるRobin...
続きを読む
類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る