Singapore Singsがd&bとともにEsplanadeに登場

1/6
2/6
3/6
4/6
5/6
6/6

近代的で、間違いなく印象的なEsplanade、Theatres on the Bayアートセンターは、目がくらむような会場だ。コンサートホール、リサイタルスタジオ、シアタースタジオ、そしてもちろん劇場・・・。贅沢な赤いベロアのカーテン、3つのU字のバルコニーなど、同劇場はシンガポールでも最大級の舞台を誇っているとともに、客席はほぼ2000席あるにも関わらず、観客にはくつろげる環境を提供できる空間設計となっている。

Esplanadeのサウンド部門でテクニカルマネージャーを務めるRobin Shuttleworthは、そのように名声のある会場だからこそ最前線の技術を維持することは非常に大切と述べている。「Esplanades全体における段階的なサウンドシステムのアップグレードは、ここ4年間にわたってずっと行なわれている。最終的には劇場のサウンドシステムがアップグレードされるが、我々は常設サウンドリインフォースメントシステムにおける改良を行ない、オペレッタ、ジュークボックスミュージカル、ストレートミュージカルドラマ、プレイバック、ライトポップ、ジャズなどにあげられる様々なタイプのミュージカルを提要するための第一流の音響空間をつくることができた。これにあたって、有名音響業者5社を招待し、それぞれのシステムの設計とデモンストレーションを行なわせた。その後、慎重な検討を行なった結果、d&b audiotechnikのラウドスピーカーシステムを採用することになった。」

ドイツ・バックナングにあるd&b本社で教育・アプリケーションサポート部門を統括するRalf Zuleegが設計し、シンガポールを本拠地とするd&b audiotechnik S.E. Asia Pte LtdのSebastian Songとそのチームが設置した音響システムが採用されたのだ。Zuleegの設計では、Ci7-TOPラウドスピーカーが左右、中央に設置され、C-SeriesのCi-SUBとWhiteレンジの様々なエレメントが加えられている。そして、これを駆動するのがD6およびD12 d&b audiotechnikアンプだ。Zuleegは、「BlackレンジとWhiteレンジのシステムを統合したのは、自分でも初めてだった。そして正直言って、予想以上に良い結果がここで得られた。12S と12S-D、10Sと5Sといったように、xS-Seriesの各種ボックスを使用した。これら2種類の製品の間では若干音調が異なると予想していたが、Whiteレンジは若干小さくてもカバレッジという点で妥協のないスピーカーだ。つまり、ローミッドとロー領域の質が良く、出力のコントロールを全ての領域でより良く行なうことができるようになる」と述べている。

BlackレンジそしてWhiteレンジの両方を使用するという、独創的ともいえるこのソリューションは、Shuttleworthから高い評価を得た。「ここで我々は、正確かつ高品質な音響システムを得ることができた。私がC7のファンであることはよく知られているが、 Whiteレンジラウドスピーカーによって賢いフィルが実現している。私がこの空間の中を歩いたとき、優れた音響品質だけでなく、観客全体を通じて完璧に焦点をあてていることなど、そのサウンドカバレッジに魅了された。」

Zuleeg は、さらにわずかに困難な本質を持つこの会場について次のように詳しく説明する。「この劇場は非常に天井が高く、垂直方向にそびえたつ3つのバルコニーが設置されている。特に、中央、そして最も高い位置にあるバルコニーはその傾向が強いことから、メインシステムに陰が生じる。つまり、簡単に言えば、Ci7は空間内へエネルギーを送る。12Sと12S-Dは前列をカバーし、10Sと5Sは その他の隙間を埋めるのだ。一般的な考え方としては、1.0 ~ 1.2 秒の残響を持つ空間が良いとされているが、それだと大量のエネルギー奪ってしまう。このため、現代的ないわゆるジュークボックスミュージカルでは、ロックサウンドにおける音量エンファシスがなされ、システムと空間が非常にうまく対応し合うことになる。」

Shuttleworthは、「d&bのスタッフとEsplanadeのスタッフが一丸となってこれに取り組んだ。もちろん、どこかの領域でカバレッジがうまく行なわれていないといった議論は何度も行なわれた。そんなときはSebastianにすぐに電話し、あっという間に10SラウドスピーカーとD12ラウドスピーカーを問題の箇所に設置した。プロ達が情熱を持って取り組んだこの結果に充分満足している」と述べている。

類似の導入事例

劇場&オペラハウス

グダニスクをめぐる騒動と柔軟な新シアター

20年以上にもおよぶ取り組みと3年間の建設期間を経て、昨年、グダニスク・シェークスピア・シアターがついにオープンしました。ここは非常にユニークな劇場です。約40年前に建てられたポーランド初の演劇場というだけでなく、ここではエリザベス朝の本格的体験を再現する最新のデザインとテクノロジーが駆使されているのです。
続きを読む
劇場&オペラハウス

Y-Seriesがガイエティーシアターのダブリンへのカムバックを実現

アイルランド、ダブリンのサウスキングストリートにあるガイエティーシアターはこの街で最も古く、絶え間なく公演が続けられている劇場です。1871年11月のオープン以来、ミュージカルショー、オペラ、バレエ、ダンス、演劇等、様々な用途に使用され、ダブリンの観客たちを楽しませています。1971年にはユーロビジョン・ソング・コンテストもここで開催されました。2000年以降、オーナーは700万ユーロ以上を投じ、この豪華な劇場の改修を行なってきました。
続きを読む
劇場&オペラハウス

ジェームス・ボンドじゃないけれど。振って混ぜて。 - ニカラグア国立劇場ニカラグアの首

都マナグアに打撃を与えた1972年の地震を生き延びた国立劇場。この地震以来、穏やかな年月を送ってきたこの劇場が今回、現代的技術をもってリニューアルされました。
続きを読む
劇場&オペラハウス

多くのニーズをマッチング、d&bがJoe's Pubへ進出

ニューヨークシティのパブリック・シアターは1950年のオープニング以来、文化とコミュニティのシンボルとなっています。長年にわたって数多くのパフォーマンスが上演されてきたこのシアターは、芸術家と観衆の両方を育てるという役割を担っています。ヘアーの世界初上演から毎年行なわれ、人々に愛され続けているセントラルパークでのシェイクスピア無料公演にいたるまで、パブリック・シアターはそのミッションを達成するための新しい、クリエイティブな機会を常に探し求めています。
続きを読む
劇場&オペラハウス

d&bとモントリオールのテアトル・デュ・リドー・ヴェールが新たなミレニアムに歴史を刻むわずか

426座席という小さなテアトル・デュ・リドー・ヴェールですが、ここは、モントリオールに欠かせない文化的景観となっています。
続きを読む
類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る