Flower Powers Daisy Festival.

1/6
2/6
3/6
4/6
5/6
6/6

「1932年にオリンピックスタジアムとして建設された座席数11000席のロスアンゼルスコロシアムを使用したとにかく大規模なイベントです。」と何とかうまく皆さんに状況が伝わるように語るのは今年のElectric Daisy Carnival(以下GDC)のプロダクションマネージャーであるIan Gotts氏。「加えて競技場内のインフィールドも使用します。最初の年はフィールドの一部のみでしたが昨年から更に拡大されました。今年はそれらを含む3階席相当の最後部にVIPエリアがあるのでそこまでクラブレベルの音響と質の高い音質を提供しなければいけないということでした。」 Insomniac Events社がプロモートするEDC 09’のプレスレポートを引用すれば北アメリカで最大のダンス音楽フェスティバルということです。「Insomniac社の代表Pasquale Rotella氏は1993年より南カリフォルニアでダンスイベントをプロモートしており、その実績からアメリカにおいて最もダンス音楽に影響を与えるプロモーターとして知られています。」Gotts氏が語るこれらの定評ですがこれらについて同氏はInsomniac社に必要なサウンドを熟知していると言えると思います。「客席の距離、そして客席の異なる階層を考えれば簡単ではありません。私は以前に何度も同じようなイベントで頼んだ3G Live(以下3GL)社に音響を依頼しました。彼らのメインエンジニアJulio Valdez氏はいつも良い仕事をしてくれますが、そんな彼らがd&bの機材を導入したということで即決で依頼しました。」 Gotts氏はイギリス人で以前は自国で伝説のDJ Paul OakenfoldやFatboy Slimらと仕事をする中でd&bブランドは永きに渡って関わりがあったと打ち明けてくれました。「音を聴いて直ぐに気に入りました。特にローエンドの量感が素晴らしいです。アメリカに来てからも使用できる限りはd&bを選んでいました。3GL社のJulio氏は私が行ってきた仕事の中でもずば抜けて良くできる人でスタッフを熟知し、常に我々のイベントにベストなサウンドを提供してくれます。その彼がArray-Calcで作成したJ-Seriesのプランを私に見せてくれた時にこれで完璧だと言われましたが、最初は正直言うと大丈夫かな?と思いましたが彼の言ったとおりでした。非常に驚くと同時にそれは最高の物でした。」 Curtis Zavodny氏は3GL社のシステムエンジニアですが、その彼が構成のポイントを説明してくれます。「我々は片側に12台のJ8とその下に12台のJ12の計24台のJキャビネットをフライングしています。このように変則的により指向性の広い多くのJ12を使用した理由はアレイの長さが必要だったことと、垂直方向にほぼ直線であったからです。よりロングスローにするための多大なカップリングを得るためにスプレイ角は0°か1°にしてありほぼストレートにしました。この設定はこの使用では成功だったと言えます。最大のカバー距離が650フィートでしたがオープニング前日にテストをしましたが、一番遠くのエリアでも目の前で鳴っているかのような感覚でした。」 Valdez氏のプランにはコロシアム最後部向けのディレイシステムも含まれていました。「ディレイ用には2箇所に10台のQ1アレイと6台のB2-SUBをグランドスタックしました。この後方部には大型のVIPエリアがあるために手を抜くことはできません。QとB2は主にボーカルとローエンドを補強するために使用しました。」このローエンドの補強はステージでもより強力なアプローチが取られました。「当初の予定では、L/Rに各9台のJ-SUBを2箇所づつフライングする予定でした。」とZavodny氏。「しかし吊るにあたってスペースが無かったので1列のみにして後はJ-InfraとB2-SUBをグランドスタックすることにしました。B2は32台使用しましたがDJ達がステージ裏でもローエンドが欲しいということだったので敢えてCSA構成にはしませんでしたDJ達はあふれるようなローエンドが欲しかったのです。」 Gotts氏は専門学校にて以前2カ月間でSRコースを学びました。「以前より詳しくなりました。」そんな彼が3GL社の努力を最高であったと評価します。「フィールドでのサウンドはとてもクリーンでパワフルでした。メインとディレイは最も離れたエリアを含めて素晴らしいカバレージを提供していました。プランの出来を推し量るには一番離れたエリアで聴けば直ぐにわかります。基本的に3GL社は私と共に下見をした時点で全てを完了していたと言ってもいい位です。信頼性、質の高いクルー、優れたサウンド全てを一括して彼らは提供してくれるのでこれ以上求める物はありません。」 写真の使用権はDrew Resslerに許可を得て掲載しています。

類似の導入事例

ツアー&コンサート

ブレバード・ミュージック・センターでバーンスタインの『ミサ』を見事に開花させたd&b Soundscape。

作曲家レオナード・バーンスタインの遺志に敬意を表し、ブレバード・ミュージック・センターの夏の音楽祭で芸術ディレクターを務めるキース・ロックハートは、最新技術を駆使し、クラシック音楽のパイオニア精神を現代に蘇らせるという課題に取り組みました。
続きを読む
ツアー&コンサート

ロサンゼルスのGrand Parkで、Soundscape を使って睡眠。

サウンドデザイナーのChris Ekersは、ロサンゼルスのGrand Parkで8時間にわたって行われたMax Richterのララバイ「Sleep」で眠りに落ちた聴衆を音で包み込むためのシステムを必要としていました。
続きを読む
ツアー&コンサート

d&b Soundscapeが空間にちりばめたフィラデルフィア・ボイスのサウンド.

350名の歌声とフル・オーケストラが響き渡るコンサートホールでも、d&b SoundscapeのEn-Scene ソフトウェアモジュールを使えば、大きな合唱団の中から一人の歌声だけにスポットライトを当てることができます。
続きを読む
ツアー&コンサート

d&bがUltrafestでも活躍.

エレクトロニックミュージックフェスティバルのことを考えると背筋がゾッとするかもしれない。しかし実際には思うほど悪くはない。膝の力が抜けるようなサウンドが特徴のUltrafest。世界で最初のエレクトロニックミュージックフェスティバルとして知られ、フロリダ州マイアミで開催されるこの音楽祭は、どんな期待にも沿うような、あっと驚くような音楽祭だ。 マイアミで活躍するBeachsoundは数年前からこの音楽祭で複数のステージの設置に携わり、好評を受けている。Neil...
続きを読む
類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る