Y-Seriesがガイエティーシアターのダブリンへのカムバックを実現

1/1

アイルランド、ダブリンのサウスキングストリートにあるガイエティーシアターはこの街で最も古く、絶え間なく公演が続けられている劇場です。1871年11月のオープン以来、ミュージカルショー、オペラ、バレエ、ダンス、演劇等、様々な用途に使用され、ダブリンの観客たちを楽しませています。1971年にはユーロビジョン・ソング・コンテストもここで開催されました。2000年以降、オーナーは700万ユーロ以上を投じ、この豪華な劇場の改修を行なってきました。

そして2013年、d&bのパートナー企業であるMOSCOはプロフェッショナルなオーディオ設備、Q-SeriesおよびE-Seriesのラウドスピーカーをこの劇場に設置しました。これらの設備はあらゆるジャンルを通じて好評を得ました。特に、夏季の10シーズンにわたってd&b Q-Seriesを使用したRiverdanceの成功は話題となりました。このパートナーシップの成功をきっかけに、ガイエティーシアターは今年、QシステムのアップデートをMOSCOに依頼しました。その結果、Y-Series ソリューション、およびディレイとしてE-Seriesが設置されました。

ガイエティーシアターのテクニカルオペレーションを統括するMatthew Cregan氏は、「我々ガイエティーシアターでは、シンプルな演劇から大規模なミュージカル、そしてRiverdanceといったアーティストによる演奏にいたるまで、幅広い作品を取り扱っています。d&bシステムはこれら様々な作品のすべてに対応でき、そしてジャンルを問わず、ボーカル再生ではどこの製品にも負けていません。だから、今回アップデートを決めたときも迷いなくMOSCOのMick O’Gorman氏に電話を入れたのです。私は、金額に見合った価格と品質を重視しています。MOSCOのチームは、手の届く価格を維持しながらも非常に優れた品質の製品を提供してくれます。Kevin McGingやMick O’Gormanの協力を得ながら、我々は、拡声用として機能しながらも我々の美しいオーディトリアムの景観を損なわないようPAキャビネットの位置に充分注意しながら、d&bシステムを設計しました。 Yは見た目は小型ですが、サウンド面では何の妥協もないボックスです。」と述べています。

段状とグランドサークルの客席はメインシステムとして機能するY8とY12のラインアレイラウドスピーカーでカバーされました。 低域はQ-SUBで、インフラ低域はB2-SUBで、そしてディレイはE5で行なうようにしてあります。ドレスサークルには、Y-Series Y7Pポイントソースシステムが設置され、ここでも小さなE5がディレイとして起用されました。アッパーサークルでは従来どおり、Q7がどっしりと居座っています。ラウドスピーカーはd&b D12 とD6アンプで駆動され、d&b R1 Remote control software V2で制御されます。

Matt Cregan氏とガイエティーシアターのテクニカルマネージャーであるDan Egan氏の要望で、d&b GB EASチームのOran BurnsがKevin McGing氏とともにシステムの最適化を行ないました。この作業は丸1日を費やして行なわれました。「我々の狙いは、音色、レベル、タイムアラインメントといった領域でシステムエレメントを統合し、一貫性と明瞭度を強化することにありました。」とBurnsは報告します。「チューニングとアラインメント用としてチューニングキャプチャー測定ソフトが使用されました。チューニングキャプチャーのMultiWin機能とインパルスレスポンス情報の明瞭なディスプレイがこのプロセスを非常にスムーズにしています。最終的には理想的な環境が整い、両社およびこのプロジェクトに関わったエンジニアたちにとって素晴らしいスタートとなったはずです。」

Cregan氏は、「我々は非常に満足している。QからY-Seriesへのアップデートは、次々と製品を提供し続けるd&bの可能性を証明したものと言えます。」とまとめています。

写真提供:The Gaiety Theatre

類似の導入事例

劇場&オペラハウス

グダニスクをめぐる騒動と柔軟な新シアター

20年以上にもおよぶ取り組みと3年間の建設期間を経て、昨年、グダニスク・シェークスピア・シアターがついにオープンしました。ここは非常にユニークな劇場です。約40年前に建てられたポーランド初の演劇場というだけでなく、ここではエリザベス朝の本格的体験を再現する最新のデザインとテクノロジーが駆使されているのです。
続きを読む
劇場&オペラハウス

ジェームス・ボンドじゃないけれど。振って混ぜて。 - ニカラグア国立劇場ニカラグアの首

都マナグアに打撃を与えた1972年の地震を生き延びた国立劇場。この地震以来、穏やかな年月を送ってきたこの劇場が今回、現代的技術をもってリニューアルされました。
続きを読む
劇場&オペラハウス

多くのニーズをマッチング、d&bがJoe's Pubへ進出

ニューヨークシティのパブリック・シアターは1950年のオープニング以来、文化とコミュニティのシンボルとなっています。長年にわたって数多くのパフォーマンスが上演されてきたこのシアターは、芸術家と観衆の両方を育てるという役割を担っています。ヘアーの世界初上演から毎年行なわれ、人々に愛され続けているセントラルパークでのシェイクスピア無料公演にいたるまで、パブリック・シアターはそのミッションを達成するための新しい、クリエイティブな機会を常に探し求めています。
続きを読む
劇場&オペラハウス

d&bとモントリオールのテアトル・デュ・リドー・ヴェールが新たなミレニアムに歴史を刻むわずか

426座席という小さなテアトル・デュ・リドー・ヴェールですが、ここは、モントリオールに欠かせない文化的景観となっています。
続きを読む
劇場&オペラハウス

Singapore Singsがd&bとともにEsplanadeに登場

近代的で、間違いなく印象的なEsplanade、Theatres on the Bayアートセンターは、目がくらむような会場だ。コンサートホール、リサイタルスタジオ、シアタースタジオ、そしてもちろん劇場・・・。贅沢な赤いベロアのカーテン、3つのU字のバルコニーなど、同劇場はシンガポールでも最大級の舞台を誇っているとともに、客席はほぼ2000席あるにも関わらず、観客にはくつろげる環境を提供できる空間設計となっている。 Esplanadeのサウンド部門でテクニカルマネージャーを務めるRobin...
続きを読む
類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る