d&bによる伸ばした三角形の布のサウンド再生。

1/6
2/6
3/6
4/6
5/6
6/6

ミュンヘンオリンピックスタジアムが1974年の開設時には、ピラミッド以来最も素晴らしい建築物の一つとして大変歓迎されました。建築家 Günther Behnisch とエンジニアの Frei Ottoは、オリンピックパークの会場がベドウィン族のテントのように覆うことを計画していました。そのテントと唯一違うところは、布地の代わりにベドウィンの祖先たちのようにしなやかでぴんと張られたガラス板を選択したことです。この革新的で永続性のある技法は、今でも 新Reichstag 、ユーロスター鉄道のターミナル駅Waterloo 等、その他でも多く見ることが出来ます。ぴんと張られたガラスの天蓋は、今でこそ珍しくありませんが、1974年当時では革新的なものでした。 このような革新的な建築の歴史は、2006 World Cupオープニングセレモニーの企画・運営を委託された Neumann & Mueller 社の音響設計者としての精神を刺激しました。この計画の中心は誠に単純で、一つの舞台上で3つのオーケストラが演奏できることでした。オーケストラ1と3が舞台前部に並列して、オーケストラ2が高い舞台に、そして舞台の中心部を占める聖歌隊によって増強させる考え方でした。 「その要求は明らかでした。」 d&b audiotechnikアプリケーションサポートのRalf Zuleegが説明しました。「第一にオーケストラのイベントでありながら、例えばPlacido Domingoや Lang Langのようなポップ、オペラ、そしてピアノの各ジャンルまでに対応する性能が求められました。そして、そのレベルも2万8,000人の観客が心地よく聴こえる必要がありました。この要素を達成することは、分散ディレイシステムを使用すればそれほど難しいことではありません。第二に舞台のメインシステムは、左/中/右に分割構成する必要がありましたので、ディレイタイムを慎重に調整してどのオーケストラが演奏しているかが分かるように音像を合わせる必要がありました。」 このセットアップのためには解決方法を考慮する必要がありましたが、 30年前にグランドスタンドをテンションによって引っ張られるガラスで覆うという革新的なアイデアと比べた場合、より難しい課題だったのでしょうか?「いいえ、それほどのことではありませんでしたが、3つのオーケストラがStraussの名曲「ツァラトゥストラはかく語りき」を完全な和音ごとに舞台上でオーケストラから別のオーケストラへ移行していくという反復進行がありました。それに対応して音響の定位もオーケストラ毎に変ることで、どこの客席のリスナーでもステージ直前に座って演奏を聴いているようなイメージを持ってもらいたかったのです。まさに、巨大な音の壁となりました。」Neumann & Mueller 社のRudolf Pircと Zuleeg は、音のイメージを舞台中央部から客席後方の両コーナーまで3角形の布を引っ張ったものに例えて、客席全席をカバーすることを考えました。Zuleeg が続けます。「吊り下げられたd&b J-Seriesシステムの左/中/右間のディレイ時間設定に充分注意しました。これをQ-Seriesラウドスピーカーによる複雑なマルチディレイシステムネットワークをマッチングさせることで3角形の中心点である舞台中央からオーケストラ左右にツァラトゥストラ の演奏音と共に効果的に移動させることが出来ました。」 全ての信号の供給と処理は、操作卓で一回A/D変換された後は、d&bのD12でD/A変換を行うだけのデジタル領域で制御しました。この結果、システム全体で120 dBという驚くべきダイナミックレンジとなりました。3X96入力を48出力にルーティングして音響のキャンバスを描きました。

類似の導入事例

ツアー&コンサート

Nightwish chose the d&b SL-Series for their 2018 European tour.

The d&b SL-Series guarantees even sound for the entire audience and provides a smooth tour experience for the crew thanks to its innovative rigging.
続きを読む
ツアー&コンサート / その他のアプリケーション

波に乗る”ヴァッケン”

自由を象徴させるようなタトゥーを施した人たちに、無限に提供されるビール・・・。泥酔している瞬間、そこは「幸せな船」といえるかもしれません。
続きを読む
ツアー&コンサート

ペダルパワー電力を使ったd&bがパフォーマンスを発揮.

クヴァーケンブリュックは、ドイツ・ニーダーザクセン州にあるハーゼ川のほとりにある小さな田舎街です。ここでは2年に1度、The Artland Bicycle Music Festivalが開催されています。この音楽祭は一風変わっています。ここでは電源が観客の「脚」にかかっているのです。「全く新しい形での観客参加を試みた。」The Artland Country Club Bandのメンバーであり、同音楽祭を支える主催者の一人、Bob...
続きを読む
ツアー&コンサート

農村Wackenが重量級低域に目覚める。

先日ドイツのWackenで行われたWDR(西部ドイツ放送局)主催の有名な音楽イベント「Rockpalast」のレポートが届けられました。このヘビーメタルイベントの観客を乗せた専用列車、その名も「メタルトレイン」はスイスを出発し、ライン渓谷に至るバ
続きを読む
ツアー&コンサート

ラブパレード2007、新しい街で、気持ちよく行われる。

ラブ パレードのピンクのキャンディーを愛する人々は、2年間その欲求を抑えなければなりませんでしたが、 2007年に開催場所をエッセンの繁華街に場所を移し、参加者やお祭り好きがパレードを楽しむため戻ってくる光景が見られました。
続きを読む
類似の導入事例
全ての用途

d&bの採用事例

使用用途がモバイルか固定設備用、屋内か野外か、大規模か小規模か等に関わらずd&bは全ての要求を完全に満たします。そして、専用のシミュレーションソフトウェアでシステム設置計画を最適化できます。
全ての事例を見る